とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼502号「早池峰山河原坊の読経の声」

・【概略】
早池峰山には「七不思議」があるという。(1天灯、(2竜灯、(3お田
植え場の早乙女の声、(4竜ヶ馬場の駒の声、(5鶏頭山の鶏の声、
(6安倍貞任の軍勢の音、(7河原坊の誦経の声の7つ。ある夏、河
原坊キャンプ場にテントを張りました。ここは「河原坊の誦経の声」の
聞こえるという場所です。アルコールを傾けながら、読経の声に聞き
耳を立ててみました。一瞬聞こえたような…。しかし、それは近くにい
るカップルの声。楽しそうな声が一段と大きくなっていきます。とうとう
七不思議もへちまもなくなってしまいました。

▼502号「早池峰山河原坊の読経の声」

【本文】
540種といわれる高山植物の宝庫早池峰山(1914m)は、咲き誇る
花々を一目見ようと登山者でにぎわいます。平安時代初期の開山と
いわれるだけあって、不思議な伝承がたくさん残っています。

そのひとつに「早池峰山中の七不思議」があります。「早池峰詣」
という文書によれば、時々、山の中で見たり聞いたりする不思議な
現象があるといいます。それは(1:天灯、(2:竜灯、(3:お田
植え場の早乙女の声、(4:竜ヶ馬場の駒の声、(5:鶏頭山の鶏の
声、(6:安倍貞任の軍勢の音、(7:河原坊の誦経(しょうけい)
の声、があります。

また「奥州南部早池峰山縁起」では、(1:早池峰山開山の時の不
思議な早池峰権現誕生。(2:早池峰山山頂の霊泉。(3:田植場か
ら聞こえる田植え歌。(4竜ヶ馬場の馬のいななき。(5山中で聞く
ニワトリの声。(6参詣人が不信不行跡すると天気が急変したり道
に迷ったりする。(7:信仰心のあついものには白雲が金色に輝き、
神仏の姿を見ることができるとあります。

このうち、(1は神社の縁起では開山時、目もくらむような金色の
光明とともに神霊があらわれたというもの。(2の妙泉は、水が甘
く干ばつでも涸れずどんなに雨が降ってもあふれない。ただ、汚い
器でくむと水がなくなるが、お経を唱えれば、たちどころに湧いて
くる。その早さをとって、早池峰山の名前になっているのだといい
ます。

また、いまの遠野市附馬牛地区東禅寺境内にある清水は、山頂の池
の水を分けてもらっているのだという。ある時、寺の和尚が早池峰
山に登ると、白馬が現れました。大急ぎでその姿を描き写しますが、
左耳を描きおわらないうちに馬の姿が消えてしまいました。

その絵をご神体にしたのが早池峰神社境内の駒形神社。そのため、
ここで出す神に奉納する「馬形」は、いまでも左の耳がないのだそ
うです。これらの七不思議のなかで「早池峰詣」にある(7:河原
坊の誦経の声があります。

ある年の8月、早池峰山河原坊に行きました。バス終点やビジター
センターの目の前がキャンプ場です。少し世俗っぽい開けた感じで
はありますが、今夜一晩、そんな気分に浸って見ようとテントを張
ることにしました。

テント場は先日降った雨で、水溜まりだらけになっています。それ
でもほかに若いカップルが一組のみ。夕方になり暗くなってきまし
た。アルコールを傾けながら、神秘的な気分のなかで耳を澄まして
みました。しかし、近くにいるカップルの声がいつまで経っても止
む気配がありません。とうとう一晩中うるさく、七不思議もヘチマ
もなくなってしまいました。

▼河原坊キャンプ場【データ】
【所在地】
・岩手県花巻市大迫町(旧稗貫郡(ひえぬきぐん)大迫町(おおは
さままち)。JR花巻駅からバスで終点河原坊。駐車場と、ビジタ
ーセンターがある。

【位置】
・河原坊:北緯39度32分27.19秒、東経141度28分42.8秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「早池峰山(盛岡)」

【山行】
・某年8月3日(木曜日・ガスのち晴れ)

【参考】
・「定本附馬牛(つきもうし)村誌」附馬牛村(岩手県)誌編纂委
員会著(附馬牛村役場)1954年(昭和29)
・『東北の山岳信仰』岩崎敏夫(岩崎美術社)1996年(平成8)
・『遠野物語』柳田国男(ちくま文庫・柳田国男全集4)(筑摩書店)
1989年(平成元)
・「早池峰詣」:『山岳宗教史研究叢書16』「修験道の伝承文化」五記
重編 (名著出版)1981年(昭和56)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る