とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼498号 「役行者開山の山々」

【概略】
修験道の祖・役ノ行者小角が開山の山は各地にやたらに多い。羽黒
山、月山、湯殿山、金峰・鳥海山などその数全国で80座とも90座と
もいわる。しかし山といっても名刹の山号もあるため、どこまで山
の数に入れたらいいのか迷うのが難点。行者おん歳、67までの間だ
という。

▼498号 「役行者開山の山々」

【本文】
修験道の祖・役ノ行者開山の山は各地にやたらに多い。その数全国
で80座とも90座ともいわれます。

『役行者本記』によれば「飛鳥時代の天智天皇9(670)年、小角
は37歳。7月大峰山を出発、3日のうちに出羽の国の羽黒山に着き、
それから、出羽の国の月山・湯殿山・金峰・鳥海山、奥州の秀峰な
どを巡って、22日の後に大和に帰ってきた。およそ里数にして三千
百里」とあります。

以下、赤城山、日光山、弥彦山、立山、白山、越智山、比叡山、愛
宕山。白峰、富士山、箱根矢倉岳、丹沢大山、天城山、筑波山、浅
間岳、甲斐駒ヶ岳、御嶽山、鳳凰山、伊吹山、笠置山。五剣山、背
振山、英彦山、高良山、石鎚山、鹿児山、高千穂ノ岳、速日岳、湯
布岳、宇佐山、阿蘇山、朝倉山、宝満山、宗像山、面影山、岩国山、
厳島、式部山、黒髪山、伯耆大山、大江山、熊野三山、三栖山、生
駒山などとならびます。

しかし山といっても名刹の山号もあるため、どこまで山の数に入れ
たらいいのか迷うのが難点です。行者おん歳、67までの間だそうで
す。

【参考】
・「役行者本記(ほんぎ)」(奈良時代・神亀元(724)年・役義元著
の記述があるがはっきりしない)(「役行者伝記集成」では1501(文
亀元)年沙門慈雲著か、1580(天正8)年弘潤坊著ではないかと記
載)
・「役行者伝記集成」銭谷武平(東方出版)1994年(平成6)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る