とよだ 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼491号 「近畿伊吹山・飛行上人天狗」

【概略】
伊吹山には三朱沙門飛行上人という天狗が住んでいたという。体重
がわずかに三朱(一朱は一匁の四分の一)。身が軽く山河を飛び越
えたので飛行上人と呼ばれた。ある時、重い病気にかかった皇后の
ため、空を飛び琵琶湖をひとまたぎして御所の庭に降り立ち祈祷、
皇后の病気を治したという。
・滋賀県米原市と岐阜県揖斐川町の境

▼491号 「近畿伊吹山・飛行上人天狗」

【本文】
滋賀県と岐阜県にまたがり伊吹山(いぶきやま・1377m)がありま
す。伊吹山、息吹山、伊夫岐山、夷服山、胆吹山、五十葺山、伊富
貴山、伊服岐山などとも書き、どれも「いぶきやま」。

伊吹は「息吹く」と同義語だとすると、生き返る「再生の山」とな
ります。そのほか「鉄を生産する山」とか「麻の山」、「アイヌ語」
など語源説があります。

イフキの発音に山気や霊気を吐き息づく「息吹き」の意味があり、
強風を神の息吹だとするものもあります。

奈良時代開山といわれるだけあって「古事記・中つ巻」景行天皇・
倭建命の項に、また「日本書紀・巻第七」(景行天皇四十年是歳)
に登場しています。またその他の古書にも不思議な話がたくさん出
てきます。

室町時代の玄棟(天台僧?)著「三国伝記」によれば、ここには三
朱沙門飛行上人という天狗が数百年も苦行を重ねて住んでいたとい
う。

上人の体重がわずかに三朱(一朱は一匁の四分の一)。それほど身
が軽く、山河や石壁を何の苦もなく飛び越えたので、飛行上人と呼
ばれました。

ある時、都の帝が上人うわさを聞き、重病の皇后のため、神仏に祈
って病気を治してもらうよう使いを出しました。使いの人がやっと
山頂までたどり着くと、上人は白雲のかかった屏風のような大岩に
足を組んですわっていました。

帝の伝言を聞いた飛行上人は、一本歯の高下駄を履き、使いの人を
抱えて空を飛び、琵琶湖をひとまたぎして都の御所の庭に降り立ち、
祈祷した結果、皇后の病気はたちまち治ったとあります。

また『今昔物語』(巻第二十)第十二にも伊吹山の三修禅師を裏山
の大杉のてっぺんにしばった怪人の話が出てきますが、これは飛行
上人の弟子の話ではないかと研究者はいっています。

▼伊吹山【データ】
【所在地】
・滋賀県米原市(旧坂田郡伊吹町)と岐阜県揖斐郡揖斐川町(旧揖
斐郡春日村)との境。東海道本線近江長岡駅の北東7キロ。JR東
海道本線関ヶ原駅からバスで伊吹山頂。一等三角点がある。地形図
に山名と三角点の標高の記載あり。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第89番選定):日本二百名山、日
本三百名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(×選定外)
・田中澄江選定(1981年)「花の百名山」(×選定外)
・田中澄江選定(1995年)「新・花の百名山」(第85 番選定)

【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
・【一等三角点】緯度経度:北緯35度25分04.2秒、東経136度24分22.8
秒)

【三角点の位置】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検

・基準点(三角点):(基準点コード:TR15336039201)(点名:伊吹
山)(冠字選点番号:−)(種別等級:一等三角点)(成果状態:正
常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°25′04.2087、経
度 136°24′22.8457)(標高:1377.31m)(現況状態:正常 20050
604)(所在地:滋賀県米原市大字上野字伊吹山1855番地 俗称
道上)(点の記図:閲覧可)。

【点の記】
・(選点:明治17年−月−日 選点者:三原昌)(造標:−年−月−
日 造標者:−)(埋標:昭和59年6月19日 埋標者:児玉信之)
(観測:平成11年8月12日 観測者:佐々木健二)

【地図】
・2万5千分の1地形図「関ヶ原(岐阜)」or「美束(岐阜)」(2図
葉名と重なる)。5万分の1地形図「岐阜−長浜」

【山行】
・第2日目:1988年(昭和63)8月28日(日曜日・くもり)伊吹山探訪:
1988年(昭和63)8月27日(土曜日)夜行、28日「東京駅・大垣駅・
近江長岡駅・伊吹山3合目・山頂・3合目・近江長岡駅」:「伊吹山
山行」

【参考】
・「古事記・中つ巻」:新潮日本古典集成「古事記・中つ巻」景行天
皇(倭建命、伊吹山で困惑する)西宮一臣校注(新潮社)2005年(平
成17)
・「今昔物語集」(巻第二十)第十二:日本古典文学全集24「今昔物
語集」(3)馬淵和夫ほか校注・訳(小学館)1995年(平成7)。
・「三国伝記」玄棟著:「国書総目録」、「大日本仏教全書」に収録。
・「天狗の研究」知切光歳(大陸書房)1975年(昭和50)
・「天狗列伝西日本編」知切光歳(三樹書房)1977年(昭和52)
・「日本書紀・巻第七」景行天皇四十年是歳:「岩波文庫日本書紀」
坂本太郎ほか校注(岩波書店)1996年(平成8)
・「日本伝奇伝説大事典」乾克己ほか編(角川書店)1990年(平成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る