とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼485号 「房総・鹿野山高殿の大太(だいた)王子伝説」

家々を焼きながら浜づたいに進む大和国の軍勢。見ると丘陵の上に
雲を突くような大男が太陽を背に立っている。ざわめきたつ軍に雨
のように降り注ぐ矢。さすがの大和軍もほうほうの体で後退した。
それは大太の作った巨大なわら人形だった。
・千葉県君津市

▼485号 「房総・鹿野山高殿の大太(だいた)王子伝説」

【本文】
千葉県房総半島の中央部に鹿野山(かのうざん)という山がありま
す。マザー牧場と一時トラ騒動で有名になったところ。山頂には白
鳥神社があって日本武尊(やまとたけるのみこと)とその妃・弟橘
姫(おとたちばなひめ)をまつってあります。

山名は、ここから金属が採れたため「金属が生まれる」と書く「か
のうざん・金生山」から転じた名前だという。また切り替え畑や、
焼き畑(カノ)があったところ。

さらに語源の刈野が転じて鹿野になった(「日本山岳ルーツ大辞典」)
などの説があります。

その昔、この山の高殿にこの国を治める王が住んでいました。国王
は巨人ダイダラボウを国神として仰ぎ、自らの王子を神にちなんで
大太と名づけました。

大太は知恵に恵まれていました。ある時大太は、この地に逃れてき
た相武(さがむ=相模国・神奈川県)の国の国造(くにのみやっこ)
に出会いました。

国造がいいました。「大和(やまと)がわが国を襲った。強大な大
和国は東方十二道のまつろわぬ国々に入り、次々に火を放ち国を奪
い国人を殺している」。

大太は聞きました。「なぜ大和は安らかな国々を侵すのか」。「わか
らぬ…」。やがて大和国の皇子・ヤマトタケルの軍船が走水(はし
りみず・神奈川県横須賀市)から上総の国へ上陸。

軍勢は住民の家々を焼きながら浜づたいに進んできます。突然の襲
撃に逃げまどう村人たち。やがて大和の軍隊が内陸に兵を進めます。
その時兵士の中から声があがりました。

「あれは何だ」。見ると丘陵の上に雲を突くような大男が太陽を背
に立っています。「巨人神ダイダラボウだ」。ざわめきたつ大和軍。
すかさず丘の上から雨のように降り注ぐ矢。

さすがの大和軍もほうほうの体で後退、東京湾側浜辺へ後退を余儀
なくされました。房総丘陵上には、大太の作った巨大なわら人形が
太陽を背に風にゆらいでいたのでした。

しかしその後強大な大和の軍勢は執ように攻め続け、高殿の国王一
族を討ち取り、ついにこの国も治めてしまったということです。

その時の残虐さはいまでも伝説として残り、討たれた王は鬼とされ
て鹿野山周辺に伝えられています。文字通り「勝てば官軍」なので
すね。

▼【データ】
【山名】かのうざん
・【異名、由来】「金属が生まれる」と書く「かのうざん・金生山」。
切り替え畑や焼き畑(カノ)があったところ。語源の刈野が転じて
鹿野になった(「日本山岳ルーツ大辞典」)。

【所在地】
・千葉県君津市。内房線佐貫町駅の東7キロ。JR内房線佐貫町駅
からバス30分で鹿野山。神野寺と(1)電子基準点(341.7m)、(2)
電子基準点付、(3)電子基準点(二等水準点)、(4)一等三角点(3
52.4m)、(5)一等水準点がある。

【ご利益】
・【神野寺】安産・子育て・子授け・乳授祈願。:奥の院(本尊は飯
縄大権現(白狐に乗った烏天狗)):大下駄に触れると足腰の守護と
健康。

【位置】(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)
・【電子基準点】緯度経度:北緯35度15分17.29秒、東経139度57分1
5.68秒

・【電子基準点(二等水準点)】緯度経度:北緯35度15分17.29秒、東
経139度57分15.68秒

・【電子基準点付】緯度経度:北緯35度15分17.29秒、東経139度57
分15.68秒

・【一等三角点】緯度経度:北緯35度15分17.94秒、東経139度57分2
0.63秒

・【一等水準点】(352.4m、水準点)緯度経度:北緯35度15分19.58
秒、東経139度57分21.98秒

【基準点閲覧】国土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索
・【電子基準点】:(基準点コード:EL05239770602)(点名:鹿野山)
(冠字選点番号:−)(種別等級:電子基準点)(成果状態:正常)
(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度経度:緯度 35°15′17.3
076、経度 139°57′15.6341)(標高:346.70m)(現況状態:報告
なし 19980301)(所在地:所在地:千葉県君津市鹿野山)(点の記
図:閲覧可)。

・【電子基準点(二等水準点)】:(基準点コード:L0E000093045A)(点
名:93045A)(冠字選点番号:−)(種別等級:電子基準点(二等水
準点))(成果状態:正常)(平均成果:2000年度平均成果)(測地系
:世界測地系)(緯度経度:−)(標高:341.662m)(現況状態:正
常 19980204)(所在地:−)(点の記図:閲覧可)。

・【電子基準点付】:(基準点コード:EL15239770603)(点名:点名
:鹿野山(付))(冠字選点番号:−)(種別等級:電子基準点(付))
(成果状態:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度経度:
緯度 35°15′17.311、経度 139°57′15.6563)(標高:341.662m)
(現況状態:報告なし 00000000)(所在地:所在地:千葉県君津市
鹿野山)(点の記図:閲覧不可)。

・【一等三角点】:(基準点コード:TR15239770601)(点名:鹿野山)
(冠字選点番号:−)(種別等級:一等三角点)(成果状態:正常)
(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度経度:緯度 35°15′17.9
315、経度 139°57′20.6439)(標高:352.39m)(現況状態:正常
20001121)(現況状態:正常 20001121)(点の記図:閲覧可)。

【一等水準点】:(基準点コード:L010000011018)(点名:11018)(冠
字選点番号:項目なし)(種別等級:一等水準点)(成果状態:正常)
(平均成果:2000年度平均成果)(測地系:世界測地系)(緯度経度
:項目なし)(標高:350.9944m)(現況状態:正常 20001121)(所
在地:所在地:千葉県君津市鹿野山)(点の記図:閲覧可)。

【地図】
・2万5千分の1地形図「鹿野山(横須賀)」or「鬼泪山(横須賀)」
(2図葉名と重なる)。5万分の1地形図「横須賀−富津」

【山行】
・日帰り:1987年(平成1)6月1日(木・晴れ)鹿野山探訪:千葉
駅・佐貫町駅・(バス)・鹿野山・白鳥神社・白鳥峰・阿久留王塚・
鹿野山タワー・熊野峰・神野寺奥ノ院(飯縄社・白狐に乗った荼吉
尼天)・洞窟の中の神社・天神堀・田倉入口(大ぞうり)・田倉・田
倉本村入口・環駅・上総湊駅・千葉駅:「鹿野山山行時探訪」単独


【参考】
・「角川日本地名大辞典12・千葉」川村優ほか編(角川書店)1984
年(昭和59)
・「鹿野山と山岳信仰」岡倉捷郎(崙書房)1988年(昭和63)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「房総志料続篇」:(「房総叢書・6」(房総叢書刊行会)1941年(昭
和16)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)
・「房総の伝説」(日本の伝説・6)高橋在久ほか(角川書店)1976
年(昭和51)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る