とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼484号 「東京奥多摩町・平将門の愛姫御幸姫」

【概略】
奥多摩棚沢集落の将門神社は、将門の子の将軍太郎良門が建立。亡
父の遺影を刻んで奉納して将門宮と呼んだという。将門の愛姫・御
幸姫観音像も建てられており、いまでも奥多摩町の民家では将門の
愛姫・御幸姫のお札を戸口に貼っているのを見かけます。
・東京都奥多摩町

▼484号 「東京奥多摩町・平将門の愛姫御幸姫」

【本文】
奥多摩周辺には平将門にちなんだ伝説が多くあります。雲取山か
ら東へつづく石尾根上にも七ッ石山、将門馬場、三ノ木戸山など
の地名があり、その他各地に将門にちなんだ名が残っています。

また青梅市は、将門のお手植えの梅の木からおきた地名だとされ
ています。秩父地方では、秩父で生き残った将門一族が奥多摩側
へ移住し子孫が繁栄したとの言い伝えもあります。

本仁田山や川苔山の登山口・鳩ノ巣駅近くの棚沢集落には、将門
神社というそのものズバリの神社があります。ここにはもともと
醍醐天皇の延喜年中に、鎮護府将軍藤原利仁が八千才神(大国主
命)をまつって建てた多名沢神社があったのだそうです。

平安時代の天徳年代(957〜961)になり、平将門の子・将軍太郎
良門が父将門の遺影を刻んで奉安したと伝えています。それから
はここを将門宮と呼ぶようになり、やはり平将門の子孫で当村の
領主三田忠平が将門神社の鎮守になってから栄えました。

かつてはこれも将門伝説をもつ秩父地方からの参詣者で賑わった
という。このあたりは将門の舘跡といわれ、地名も将門。姫塚(御
幸塚)と呼ぶ将門の愛姫・御幸姫を祭った塚もあったという。

神社には御幸姫観音像も建てられています(御幸姫観音像の説明
板には、愛姫は将門の妃となっています)。この像は江戸時代信徒
に配られた御幸姫観音の護符の御影を原形としたものだとか。

いまでも奥多摩町の民家では将門の愛姫・御幸姫のお札を戸口に
貼っているのを見かけます。将門神社は棚沢のほか、奥多摩町の
中では峰畑、城、三ノ木戸にもあるそうです。

・【データ】
【所在地】
・東京都西多摩郡奥多摩町(合併せず)棚沢。JR青梅線鳩ノ巣駅
から15分で将門神社。地形図上には鳥居神社記号のみ記載。

【位置】
・【将門神社】緯度経度:北緯35度48分55.15秒、東経139度7分58.8
2秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「武蔵御岳(東京)」or「奥多摩湖(東京)」
(2図葉名と重なる)

【山行】
・第1日目:1999年(平成11)9月4日(土)奥多摩将門神社探訪:
1999年(平成11)9月4日(土)〜5日(日)「鳩ノ巣駅・不動尊・将門
神社・鳩ノ巣駅・大根ノ山ノ神・コブタカ・本仁田山・コブタカ山
・大ダワ・舟井戸(泊)・川苔山・川乗橋バス停・もえぎの湯・奥
多摩駅」:奥多摩野宿山行

【参考文献】
・「奥多摩風土記」大館勇吉著(武蔵野郷土史研究会)1975年(昭
和50)
・「奥秩父の伝説と史話」太田巌著(さきたま出版会)1983年(昭
和58)
・「日本架空伝承人名事典」大隅和雄ほか(平凡社)1992年(平成4)
・「パンフ」(奥多摩ビジターセンター)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る