とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚
【ひとり画通信】

▼469号 「富士山頂に住む魚・コノシロ(鮗)」

【概略】
富士山火口内にコノシロ池という池がある。ここにはコノシロとい
う魚がすんでいたという。ある時、風神に見そめられてしまった木
花開耶姫は、この魚を焼いて自分の葬儀の煙と風神に思わせ、諦め
させたとの話が残っている。コノシロ池の魚を焼くと人を焼く臭い
に似た煙を出すという。
・富士山頂

▼469号 「富士山頂に住む魚・コノシロ(鮗)」

【本文】
昔、富士山火口にコノシロ池という池があって、ここにはコノシロ
という魚がすんでいたといいます。

このコノシロ池について「風俗文選」の(富士山賦)に「絶頂ノ鮗
(このしろ)・半腹ノ雀」とあります。

また「駿河国新風土記」ではその広さ7、8間で、「時ニヨリテ水
ノアルコトモアリ。又ナキコトモアリテ、魚ナドノ住ムベキ処ニア
ラズ」とわざわざあるのは、それほど一般に広く信じられていたの
でしょう。

古くから富士浅間の氏子は頂上にすむこの魚は食べないという。あ
る日、風の神が富士山の開耶姫に一目惚れしてしまいました。

寝ても起きても姫のことばかり。風の神はとうとう開耶姫を妻にし
たいと決心。

驚いたのは父の大山祇神です。断れば風の神がどんな暴風を吹かせ
て暴れるかも知れません。

ところが姫は何を考えたか従者をコノシロ池の魚を捕まえに走らせ
ました。

次の日、返事を聞きに風の神がやってきました。庭先ヘ入ってみる
と、みな泣きはらしています。

そしてなんともいえぬ不快な臭いがおそってきました。「姫様がお
なくなりに…」という従者の言葉。

ではこの臭いは…。風の神は葬儀の煙を見て、ワァ〜ッとものすご
い声、地だんだを踏み転げ回って悲しみまました。

コノシロ池の魚は焼くと人を焼く臭いに似た煙を出すという。こう
して風の神に諦めさせたという伝説があります。いくら風の神とい
え、ちょっとかわいそうな気もします。

ちなみにコノシロ池は静岡県下山道口から山小屋と郵便局の間を左
方へ進んだ平坦なところがコノシロ池だとされています。ここは7
月中旬まで水がたまっているそうです。

★【データ】
【所在地】
・山梨県富士吉田市・山梨県南都留郡鳴沢村と静岡県富士宮市・富
士市・御殿場市・静岡県駿東郡小山町との境だが八合目付近から上
部は境界がはっきりしていない。富士急行河口湖駅からバス、河口
湖口五合目から5時間でコノシロ池。地形図上には何も記載なし。
付近に郵便局記号と鳥居記号あり。

【位置】
・【コノシロ池】緯度経度:北緯35度21分34.92秒、東経138度43分4
9.03秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「富士山(甲府)」

【山行】
・第2日目:1996年(平成8)7月31日(水・快晴)富士山頂コノシ
ロ池探訪:1996年(平成8)7月30日(火・快晴)〜31日(水・快晴)
「高尾駅・大月駅・富士吉田駅・中ノ茶屋・五合目佐藤小屋・八合
目太子館泊・富士山頂お鉢めぐり・新五合目バス停・河口湖駅・大
月駅・高尾駅」:「富士山山行」「子供の科学」取材

【参考】
・「エリアマップ18・富士富士五湖」小川孝徳(昭文社)1980年(昭
和55)
・「富士山・史話と伝説」遠藤秀男(名著出版)1988年(昭和63)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る