とよた 時・山のゆ-もぁ-と(イラスト)
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼446号 「奥多摩・石尾根七ツ石神社」

【概略】
奥多摩石尾根・七ツ石山直下にある七ツ石神社は、七ツ石山の伝説
の平将門が祭られています。かつては、この神社の前や、山梨県側
の尾根道の途中で、賭博が開かれていたという。山梨県側尾根道の
開帳された場所はいまでも「堂所」の地名が残っています。それに
しては、場所がちょっと狭いような気がしますが??
・東京都奥多摩町と山梨県丹波山村との境

▼446号 「奥多摩・石尾根七ツ石神社」

【本文】
奥多摩の雲取山(2017m)から東へ、奥多摩駅近くまでつづく石尾
根があります。その途中の七ツ石山東側直下に、小さな神社があり
ます。七ツ石神社といい、七ツ石山の伝説の平将門が祭られていま
す。

この神社は4月8日が祭日で、かつては南麓の山梨県北都留郡丹波
山村小袖地区の村人が登拝し、神社前と、山梨県側の尾根道の途中
で、賭博が開かれていたという。開帳された場所はいまでも堂所(ど
うどころ)の地名が残っています。しかし堂所という場所は、賭博
が行われていたわりには狭いような気がしますが??

それはともかく、賭博は1961(昭和36)年くらい前まで行われてい
たといいます。昔はかなり盛大で、青梅市の親分が「出ばって」き
たといいます。丹波山村にも親分がいて胴元になったらしい。客は
いずれも多摩川上流に住む山村の人たちだったという。賭博はサイ
コロ、花札を使う奇偶博打で勝負が早く、あがる寺銭もかなりの額
だったということです。

かつて神社前に鉄製の丸筒があり、なかに鉄製おみくじが入ってい
たという。おみくじはたった3本で、それには「一、二、三」と数
字が刻まれ、一は大吉、二は吉、三は凶となっていたという。しか
し、その見方は普通とちがい、三の凶が最も良く、つぎが吉で、一
の大吉はいちばん悪いのだというから変わっています。

なお、七ツ石山には大岩が大ざっぱに数えて7つほど立っています。
平安時代のご「承平、天慶の乱」で、藤原秀郷われた平将門一行が
奥多摩山中のこのあたりに陣取ったという伝説があります。

将門は6人の影武者をわら人形でつくってそのまん中に立ち、追っ
て来た連合軍に立ち向かったという。秀郷は一瞬迷いましたが、成
田不動のお告げどおり真ん中の本物の将門に命中させました。とた
んに7人の武者は岩になったと言い伝えられています。

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る