とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼368号 「丹沢・表尾根二ノ塔のヤマユリ」

【概略】
表尾根二ノ塔の広場の真ん中に、支柱に囲まれて大きなヤマユリが
咲いている。かつては丹沢でも普通に見られたヤマユリ。そのころ
のことを知っている人が大事にしているのだろうか。でも大きな花
はつけるものの案外やぶの中で咲きたがっているのかも知れない
…。
・神奈川県秦野市

▼368号 「丹沢・表尾根二ノ塔のヤマユリ」

【本文】
神奈川県と山梨県、静岡県にまたがる丹沢。その南側部分、とくに
神奈川県秦野市方面を表丹沢というそうです。なかでもその名も表
尾根は日帰り縦走路として交通の便もよく人気があります。

ここは昔から修験道入峰修行の場だったそうです。丹沢大山は昔か
ら相模大山として知られていたようで、遠く奈良時代に行基菩薩が
大山を開こうしましたがなしえなかったといわれています。

次に大山に登った京都・東大寺の良弁(ろうべん)大僧正が山中に
お堂を建て、阿降山大山寺(あふりさんだいせんじ)と号をつけて
この山の開山に成功したのだそうです。

のちに、大山も修験道・山岳修行の中心地として栄えてきて山伏た
ちが次々に入山。大山からヤビツ峠、塔ノ岳方面へと表尾根を開い
ていきます。

そして修験道の本尊・大日如来を表尾根上のいまの木ノ又大日のブ
ナの巨木の股に安置したといいます。その後、その手前(いまの新
大日)にも如来をまつりました。

そして、次第に塔ノ岳から丹沢山、蛭ヶ岳と奥に修行の場を広げて
いったのだそうです。

いま、ヤビツ峠・富士見橋から登り初め、やっと樹林帯から解放さ
れると二ノ塔です。一番最初から突然二ノ塔とは不思議ですが、一
ノ塔はふもとの加羅古(唐子)神社(秦野市横野)をいうといいま
す。

樹林帯の急坂をあえぎながらやっと二ノ塔につきました。広場の真
ん中に、支柱に囲まれて大きなヤマユリが咲いています。かつては
丹沢でも普通に見られたヤマユリ。

そのころのことを知っている人が大事にしているのでしょうか。で
も大きな花はつけるものの案外やぶの中で咲きたがっているのかも
知れませんね…。

しかしその後はとんと見かけなくなりましたがヤマユリは根付かな
かったのでしょうか。

▼二ノ塔【データ】
【山名】
・【異名、由来】:秦野市横野の加羅古神社に一ノ燈が灯り、二ノ燈
がピーク(二ノ塔)に、三ノ燈が次のピーク(三ノ塔)に灯ったと
いう伝説から。

【所在地】
・神奈川県秦野市。小田急小田原線秦野駅の北北西8キロ。小田急
秦野駅からバス、ヤビツ峠から歩いて40分で旧ヤビツ峠。また1時
間45分で二ノ塔(標高1140m)。地形図に山名のみ記載。標高表示
なし。付近に何も記載なし。

【位置】
・【二ノ塔】緯度経度:北緯35度26分3.08秒、東経139度11分43.84
秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「大山(東京)」

【山行】
・1996年(平成8)8月11日(日・くもり)丹沢表尾根探訪:【1996
年(平成8)8月11日(日・くもり)「新宿駅・秦野駅・ヤビツ峠・二
ノ塔・三ノ塔・塔ノ岳・大倉尾根・大倉バス停・渋沢駅・新宿駅」
丹沢表尾根縦走

【参考】
・「塔ノ岳尊仏山その歴史と信仰」山岸猛男:(「尊仏1号」(さがみ
の会)1987年(昭和62)所収)
・「尊仏・2号」栗原祥ほか(さがみの会)1989年(平成1)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る