とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼343号「奥秩父・大弛峠夢の庭園」

【概略】
奥秩父の国師ヶ岳と朝日岳の鞍部にある大弛峠。5月の連休、大弛
峠も雪の中。国師岳方面へ少し登ると夢の庭園。名前の通り、富士
山の眺めバツグンの別天地。駆けまわったり、雪合戦をして遊ぶ人
たちの歓声がひっきりなし。思い存分雪遊びをさせて貰いました。
・山梨市と長野県川上村との境

▼【本文】

奥秩父のど真ん中・国師ヶ岳と朝日岳の鞍部にある大弛峠(おおだ
るみとうげ・2360m)。この峠は、山梨県甲州市塩山と長野県川上
村を結ぶ林道秋山牧丘線上にあります。

林道は1969(昭和44)年に開削され、瑞牆山(みずがきやま・標高
点2230m)と甲武信ヶ岳(こぶしがたけ・標高点2475m)方面の奥
秩父縦走をするには一度この林道を渡ることになります。そばに建
つ大弛小屋わきにはキャンプ場もあります。中央本線塩山駅から車
やタクシーで直接ここまで乗り入れる登山者も多い。

5月の連休、金峰山(きんぷさん・三等三角点2595.03mと標高点2
599m)から雪が多くなり、朝日岳(標高点2579m)あたりからは
強い日ざしに膝のあたりまで雪にもぐって歩きにくい。大弛峠も雪
の中。

明日は甲武信ヶ岳に向かうつもりでしたが、やはり夏用のテントで
はちと無理か。峠から国師ヶ岳(こくしがだけ・一等三角点2591.8
m)方面へ少し登ると夢の庭園という場所があります。甲武信ヶ岳
はあきらめてきょうはここで遊ぶことにしよう。

夢の庭園というだけあって富士山の眺めバツグンの別天地。雪が多
くすわって休む場所がありません。それでも駆けまわったり、雪合
戦をして遊ぶ人たちの歓声がひっきりなし。子どもの時以来の雪遊
びです。汗をかきかき思い存分遊ばせて貰いました。

ちなみに夢の庭園とは深い原生林に覆われながら、そこだけが露出
している巨大な花崗岩群。そこから望む展望が夢のように美しいと
いうので名づけた名前が「夢の庭園」。富士山や、南アルプス、八
ヶ岳などの展望が素晴らしい。シーズンは花崗岩とシャクナゲやシ
ラベなどの潅木が絶妙な調和を見せるという。

【所在地】
・山梨県山梨市牧丘町(旧東山梨郡牧丘町)と長野県南佐久郡川上
村との境。JR小海線信濃川上駅からバス、終点川端下下車、歩い
て5時間で大弛峠(おおだるみとうげ)。大弛小屋がある。地形図
に峠名と山小屋名が記載、標高はない。そのほかは何もない。付近
に何も記載なし。

【名峠】
・井出孫六選定「日本百峠」(含まれず)
・郷土出版社版「定本信州百峠」(第8番)

【位置】
・【大弛峠】緯度経度:北緯35度52分23.03秒、東経138度39分
46.6秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「金峰山(甲府)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」から検索)

【山行】金峰山・大弛峠・川端下(かわはけ)
・第3日目:1994年(平成6)4月30日(土・快晴)大弛峠探訪:19
94年(平成6)4月28日(木)〜5月1日(日)「新宿駅・韮崎駅・富士
見平・金峰山・朝日岳・大弛峠・国師ヶ岳・廻り目平・川端下バス
停・信濃川上駅・小淵沢駅・新宿駅」:家内と縦走

【参考】
・「信州百峠・改訂普及版」井出孫六・市川健夫監修(郷土出版社)
1995年(平成7)
・「角川日本地名大辞典20・長野県の地名」市川健夫ほか編(角川
書店)1990年(平成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト通信【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る