とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼342号「栃木県・庚申山鋸山のテント」

【概略】
庚申信仰の山・庚申山の最高点を越えて皇海山に向かいます。ちょ
っとした獣道に迷って時間をとられ、くさり場の手前薬師岳にテン
トを張りました。翌朝は雲一つない快晴。空中のように見える鋸山
のせまい頂きに誰かのテントが朝日に当たっていました。
・栃木県足尾町

▼341号「栃木県・庚申山鋸山のテント」

路傍でよく見る石仏・庚申塔。これは昔行われていた「庚申待ち」
の供養塔です。

60日に1度回ってくる十二支の庚申(かのえさる)の夜、お堂に集
まって講を組み、ご馳走を食べながら過ごし一晩中眠らずに健康長
寿を願ったもの。いまでも千葉県船橋市行々林集落ではつづいてい
ます。

その庚申信仰の大本山・栃木県日光市の庚申山(1892m)は奇岩が
ならび昔から信仰の山として栄えました。この庚申山の奥山が皇海
山(2144m)。

皇海山は庚申山の山頂にある標高点を越えて薬師岳から鋸尾根を越
え、屹立する鋸山から急坂を下り登り返した先にあります。かつて
は交通が不便でなかなか訪れることもできなかった山でしたが、近
年は近くまで林道が通じ車で来る人も多い。

庚申山はガスの中。途中、不明瞭な山道が左へ直角に曲がるところ
で鹿が荒らした場所がありウロウロし時間を取られました。結局時
間切れですぐ先の薬師岳にテントを張りました。

翌朝は雲一つない快晴。空中のように見える鋸山のせまい頂きに誰
かのテントが朝日に当たっていました。

▼【データ】
【山名・地名】
・庚申信仰。年劫を経た白猿が棲んでいたといい、猿が申に通じる
ことから庚申山と呼ばれた。猿の浄土とも呼ばれた。

【所在地】
・栃木県日光市(旧上都賀郡足尾町)。わたらせ渓谷鉄道通同駅の
北西6キロ。わたらせ渓谷鉄道通胴駅からタクシー・銀山平から3
時間20分で庚申山。写真測量による標高点(1892m)がある。地形
図に山名と標高点の標高記載あり。標高点から東方513mにコウシ
ンソウの自生地がある。東南730mに庚申山荘がある。

【位置】
・標高点:写真測量による標高点(1892m)。【緯度経度】北緯36度
40分23.11秒、東経139度21分40.54秒(国土地理院「電子国土ポー
タルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「皇海山(日光)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」から検索)

【山行】
・1994年(平成6)5月29日(日・快晴):1994年(平成6)5月28日
(土)〜29日(日)「わたらせ渓谷鉄道通同駅・庚申山・皇海山往復・
通同駅」家内と縦走

【参考】
・「関東百山」横山厚夫ほか(実業之日本社)1985年(昭和60)
・「角川日本地名大辞典9・栃木県」大野雅美ほか編(角川書店)1
984年(昭和59)
・「日本歴史地名大系9・栃木県の地名」寶月圭吾(平凡社)1988
年(昭和63)
・「民間信仰辞典」桜井徳太郎(東京堂出版)1984年(昭和59)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る