とよだ 時 「山の伝説伝承」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼277号 「南ア・塩見岳北方・大井川源流の熊ノ平キャンプ場」

【概略】
ガスのなか、きょうのキャンプ地・熊ノ平(間ノ岳方面の三峰岳と
塩見岳方面の阿倍新倉岳との間)につき、大井川(静岡県)源流の
水で夕飯の支度。暗くなりはじめたころ、三峰岳でへばっていた女
性パーテイーがやっとあらわれ、心配してい人たちをホットさせた。
・長野県伊那市と静岡市

▼277号 「南ア・塩見岳北方・大井川源流の熊ノ平キャンプ場」

山容が穏やかなため南アルプスの女王といわれる仙丈岳から南下。
展望の利かないジメジメした仙塩尾根をひたすら歩きます。苳ノ平
を過ぎたところに伊那荒倉岳があります。

そういえばきょうのテント場の熊ノ平先にも安倍荒倉岳がありま
す。「日本山岳ルーツ大辞典」(竹書房)」によれば「荒=新」で、「ア
ベ」は湿地の地形語とあります。

それでは伊那荒倉岳は?イナは井(水)の国とあり。山麓を新たに
開墾した岩場の多い山の意とするからには倉は嵒(いわ)の意味ら
しい。

やっととりついた三峰岳は間ノ岳とつながる稜線上のピーク。三峰
岳というだけあってここは長野と山梨、静岡の県境。間ノ岳方面か
ら来たらしい女性のパーティの一人がへばっています。

声をかけたらナントカ行けますとの返事。そのうちガスが出て雨も
降り出してきました。ふり返っても真っ白に煙るばかりで姿が見え
ません。

熊ノ平につき、テントを張り、大井川(静岡県)源流の水で夕飯の
支度。暗くなりはじめたころ、ガスの中にやっと姿があらわれ心配
していた人たちをホットさせました。

▼【データ】
【所在地】
・長野県長谷村(いまは伊那市)と静岡県静岡市。JR中央本線甲
府駅からバスで広河原、北岳・間ノ岳をへて延べ12時間で熊の平
小屋キャンプ場。地形図に小屋名のみ記載。付近に何も記載なし。

【位置】
・【熊の平小屋キャンプ場】緯度経度:北緯35度37分52.91秒、
東経138度12分21.07秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシス
テム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「間ノ岳(甲府)」

【山行】南ア・仙丈ヶ岳・三峰岳・蝙蝠岳・塩見岳・三伏峠縦走
・第3日目:1986年(昭和61)8月15日(金曜日・天気:晴れ):1986
年(昭和61)8月13日〜17日「新宿駅・甲府駅・広河原バス停・北
沢峠・仙丈ヶ岳・仙塩尾根・熊ノ平・蝙蝠岳・塩見岳・三伏峠・塩川
小屋・伊那大島駅・辰野駅・新宿駅」

【参考】
・「日本三百名山」毎日新聞社編(毎日新聞社)1997年(平成9)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る