とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼267号「足尾・皇海山の剣」

【概略】
庚申山から皇海山への道を開いた行者・木林惟一。この行者がが建
てたという青銅の剣が皇海山山頂の肩にある。剣に書かれてある二
柱大神とは、この猿田彦と、その妻・天鈿女命のことか。皇海山は
庚申山の奥ノ院の山だという。
・栃木県足尾町と群馬県利根村の境

▼267号「足尾・皇海山の剣」

栃木県足尾の山・皇海山(標高2144m)は皇海と書いて「すかい」と
読むそうです。

その山頂、三角点の東側には高さ2m以上もある青銅の剣が建って
いて、「庚申二柱大神 奉納 當山開祖 木林惟一」とあり、裏に
筆字で参詣した日付けが書かれています。

これが、1919(大正8)年12月に記された小暮里太郎の『皇海山紀
行』にも出てきます。当時は朱書きだったとありますが、いまは墨
書きなので、誰かが書き直したものでしょうか。

木林惟一は、東京の庚申講の行者で、庚申山から皇海山へ通じる道
を開き、皇海山を庚申山の奥ノ院にした人という。

青銅の剣にある二柱大神とは、この猿田彦(さるだひこ)神と、そ
の妻・天鈿女命(あめのうずめのみこと)のことか。

山の名は、山の形が髪を整えるコウガイに似ているため、笄山(こ
うがいさん)と呼ばれていましたが、これにいろいろ当て字し、い
つしか皇海になったという。でもよくみなさん「すかい」と読めま
すねえ。

ある年の初夏、鋸山の手前にテントを張り皇海山を往復しました。
登山者は、群馬県側から車で林道最奧まで乗り入れた日帰り組ばか
り。

庚申山からとぼとぼ歩きはメジャーではないようです。皇海山頂か
ら北に延びるかすかな踏みあとは奥日光の山へつづく道です。遠く
白根山が招いているようでなかなか思いが吹っ切れませんでした。

▼【データ】

【所在地】
・栃木県日光市(旧上都賀郡足尾町)と群馬県沼田市(旧利根郡利根
村)との境。わたらせ渓谷鉄道通洞駅からタクシー・銀山平から歩いて7
時間で皇海山。二等三角点(2143.6m)と鉄剣がある。そのほかは何
もなし。地形図に山名と三角点の標高のみ記載。付近に何も記載な
し。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第37番):日本二百名山、日本三百
名山にも含まれる。

【位置】
・【二等三角点】緯度経度:北緯36度41分23.52秒、東経139度20
分13.05秒(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【基準点の詳細】
・基準点(三角点):(基準点コード:TR25539022701)(点名:皇海
山)(冠字選点番号:火 9)(種別等級:二等三角点)(基準点成果
状態:正常)(地形図:日光−男体山)(測地系:世界測地系)(緯
度経度:緯度 36°41′23.5122、経度 139°20′13.0504)(標高:
2143.55m)(基準点現況状態:正常 20020601)(所在地:群馬県沼
田市大字平川字津室)(点の記図閲覧:×)(国土地理院「基準点成
果等閲覧サービス」から検索)

【点の記】
・閲覧不可

【地図】
・2万5千分の1地形図「皇海山(日光)」。5万分の1地形図「日
光−男体山」

【山行】庚申山から皇海山
・第2日目:1994年(平成6)5月29日(日・快晴):1994年(平成6)
5月28日(土)〜29日(日)「わたらせ渓谷鉄道通同駅(タクシー)・
庚申山・皇海山往復・通同駅」:家内と縦走

【参考】
・「角川日本地名大辞典9・栃木県」大野雅美ほか編(角川書店)1
984年(昭和59)
・「皇海山紀行」木暮理太郎:「日本山岳風土記5」(宝文堂)」1960
年(昭和35)所収

【とよだ 時】 山と田園風物漫画
……………………………………
 (主に画文著作で活動)
【ゆ-もぁ-と】事務所
山のはがき画の会

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る