とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼257号 「北ア・笠ヶ岳笠新道の風穴」

【概略】
10日の予定で登りはじめた北アルプス笠ヶ岳から双六岳、三俣蓮華
岳、雲ノ平への縦走。笠ヶ岳へつづく笠新道は、記録的な猛暑の中、
急で長い登山道にウンザリしたとき、見つけた風穴。わき出る冷た
い風は別世界。みんなで寄り集まって涼んだ。
・岐阜県高山市上宝町

▼257号 「北ア・笠ヶ岳笠新道の風穴」

【本文】
全国に「笠」の形をした山は多いですが、北アルプスの笠ヶ岳(28
97m)笠ヶ岳ほどどこから見ても同じ形をした山はないそうです。

江戸時代は人の肩の形に似ているというので「肩ヶ岳」とか「迦多
ヶ岳」といっていたという。「かさがたけ」ではなく「かたがたけ」
だったのですね。

おなじみの念仏僧播隆上人がここに登り、東の空に浮かぶ天をつく
ような槍ヶ岳を見て、初登頂を決意した話は有名です。

笠ヶ岳の登山は遠く鎌倉時代の中期、文永年間(1264〜75)からは
じまっていたというから古い。地元の高原郷(いまの高山市上宝村)
本覚禅寺の道泉という和尚さんが初登頂との説があります。ただ大
昔のこととてどうもはっきりはしませんが……。

時は下り、江戸時代の元禄年間、仏像を鉈一丁で刻むことで有名な
円空が登ったともいわれています。

ある夏、10日の予定で新穂高温泉に入りました。新穂高のキャンプ
場で1泊し、翌日登りはじめた笠ヶ岳への笠新道。今夏は記録的な
猛暑で連日うだるよう暑さが続いています。

急で長い登山道にウンザリしたとき、見つけた風穴。冷たい風が岩
穴から噴き出ています。ザックを放り投げて駆けよります。吹き出
る冷たい風のあたるとまるで別世界に入ったよう。みんなで寄り集
まってきます。

なかには少しでも冷たくしようと水筒を出して風穴の吹き出し口に
置く人もいます。大きな口を開け涼しい空気を腹一杯吸い込みます。
ひとしきり談笑しながら涼んだのでありました。

★【データ】
山名:笠ヶ岳風穴

・【所在地】
岐阜県高山市上宝町(旧岐阜県吉城郡上宝村)。JR高山本線高山駅か
らバス新穂高温泉さらに歩いて5時間半で笠新道風穴。そのほかは何
もなし。地形図に何も記載なし。付近に何も記載なし。

・【位置】国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索
【笠新道風穴】緯度経度:北緯36度18分42.36秒,東経137度34
分57.91秒

・【地図】
2万5千分の1地形図「笠ヶ岳(高山)」

・【山行】:北アルプス笠ヶ岳〜黒部源流縦走
第3日目:1994年(平成6)8月7日(日・快晴)探訪:【1994年(平
成6)8月6日(土)〜15日(月)「東京駅・岐阜駅・高山駅・新穂高
温泉・笠ヶ岳・双六岳・黒部五郎岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳
・黒部源流・新穂高温泉・ロープウエイ・西穂山荘・高山駅・岐阜
駅・東京駅」:家内(助手)と同行

・【参考】
「角川日本地名大辞典21・岐阜県」野村忠夫ほか編(角川書店)19
80年(昭和55)
「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
「日本百名山」深田久弥(新潮社)1970年(昭和45)
「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る