とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼243号 「丹沢・大山阿夫利神社下社豆腐の碑」

【概略】
昔から大山参りには手の上にのせた豆腐をすすりながら登ったもの
だという。江戸時代、押し寄せる参詣者へ供給する大量の食料が必
要になってきました。大量の食糧を保存するには、冷たい井戸水に
つけておける豆腐が最適。豆腐は絹ごしと木綿ごしのちょうど中間
だそうです。下社わきには豆腐の碑も建っています。
・神奈川県伊勢原市

▼243号 「丹沢・大山阿夫利神社下社豆腐の碑」

【本文】
神奈川県の丹沢大山は、なぜか豆腐が名物です。昔から大山参りに
は、手の上にのせた豆腐をすすりながら登ったものだそうです。い
まも大山の参道脇には、豆腐料理屋がたくさんならんでいます。大
山は都心からも近く気軽に登れる山。大山登山のついでに豆腐料理
を食べる人も多い。

大山は平安時代から石尊信仰で朝廷の庇護を受けていた相模大山
(相模地方にあるので相模大山とも呼ばれています)。大山信仰は、
武士の世になっていよいよ盛んになりました。しかし全国的に知ら
れるようになるのは庶民に大山信仰が広まった江戸時代。隆盛を極
めたのが宝暦年間(1751〜64)。1シーズンに20万人もの参詣客
でにぎわったという。

そんな大山ですから宿泊施設も木賃宿から旅籠(はたご)」と変わ
り、先導師たちが食べていた精進料理の豆腐料理ももてなしの賄い
になっていきます。これほどの参詣者への大量の食料保存するには、
冷たい井戸水につけておける豆腐が最適です。

また、豆腐を作るための良質の大山の水があります。その上、豆腐
料理の作り方を行者や僧が知っているなど名物の豆腐ができあがる
条件はそろっていたようです。豆腐は絹ごしと木綿ごしのちょうど
中間だそうです。下社わきには豆腐の碑が建っています。

そもそも大山とは、山頂にまつられている大山祇神(おおやまづみ
のかみ)・山ノ神の名からついた名前です。また雨降山、阿倍利山、
阿夫利山などと書き、「あふり、あぶり」と読みます。山名につい
てはいくつかの説があります。

(1)頂上にいつも雲がかかり、よく雨が降るからという説。(2)
アイヌ語のアスプリ(偉大なる山という意味)が、なまったとの説。
(3)古代には「しかばね」を山に葬る(はふる=ほうむる)習慣
があったといい、「はふり山」に転じたという説もあります。

山頂の阿夫利神社は、ご神体が石のため、昔は石尊社、石尊大権現
と呼ばれ、商売繁盛、豊作祈願、無病息災の神として関東全域から
信仰され、「大山まいり」は落語にも出てくるほどのブームを呼び
ました。大山は、奈良時代後期の天平勝宝7年(755)に、奈良東
大寺の良弁(ろうべん)というお坊さんが開山した山です。

良弁は、奈良市雑司町にある東大寺を開山した偉いお坊さんです。
こどもの時に金色の鷲にさらわれ行方不明になったという。その後、
成長して名僧になったという人物。鷲にさらわれてから30数年間
も探し歩いた母親が、風の便りで行方不明の息子が偉いお坊さんに
なっていることを知りました。

母親は奈良の東大寺に出かけましたが、相手は高僧ですから面会も
思うようにいきません。そこで二月堂の大杉に事情を書いた札を立
てておいたのが良弁の目にとまり、やっと再会できたという、「良
弁杉」の故事があります。「大山寺縁起」(続群27下)によれば、
良弁が東国聖地巡礼の途中、大山のふもとに着きました。

その時村人たちから「山の頂上から5色の光を発しているのを見て
不思議に思い山頂に登ったところ、土の中から不動明王の石像が見
つかった」という話を聞きました。良弁(ろうべん)は早速この山
に登って祈り、不動明王の出現を感得したという。天平勝宝7年
(755)のコトだったという。そして不動明王の石像を彫り、49院
のお堂や社を建てたということです。

▼【データ】
【所在地】
・神奈川県伊勢原市。小田急小田原線伊勢原駅の北6キロ。小田急
伊勢原駅からバス、大山ケーブル駅からケーブル利用下社駅下車で
阿夫利神社下社。地形図に神社の文字と建物記号のみ記載。

【ご利益】
・【大山阿夫利神社】:開運招福・商売繁盛・交通安全・厄除け

【位置】
・【阿夫利神社下社】緯度経度:北緯35度25分56.07秒、東経139度1
4分16.24秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検
索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「大山(東京)」

【山行】
・1990年(平成2)7月19日(木・晴れ):【1990年(平成2)7月19日
(木・晴れ)「新宿駅・伊勢原駅・大山ケーブル・阿夫利神社下社・
蓑毛・秦野駅・新宿駅」

【参考】
・「角川日本地名大辞典14・神奈川県」伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・「古代山岳信仰遺跡の研究」大和久震平著(名著出版)1990年(平
成2)
・「新編相模風土記稿」(巻之五十一 村里部 大住郡巻之十 糟屋
庄):『新編相模国風土記3』(大日本地誌大系21)編集校訂・蘆田
伊人(雄山閣)1980年(昭和55)
・『日本歴史地名大系14・神奈川県の地名』(平凡社)1984年(昭
和59)
・「日本歴史地名大系14・神奈川県の地名」(平凡社)1984年(昭
和59)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る