とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼240号 「丹沢・大山の石尊大権現の道標」

【概略】
昔は、富士講のお参りのル−トに、大山から富士へ、また富士の帰
りに大山へ寄る者もあったという。つまり、大山と富士山はセット
だったらしい。その時代の道標が大山南側の肩の石尊大権現の石柱
に彫られています。・神奈川県伊勢原市と秦野市との境

▼240号 「丹沢・大山の石尊大権現の道標」

「不動まで行くのも女だてらなり」。女性たちに怒られそうな川柳
ですが、石尊大権現で知られる相模(神奈川県)の丹沢大山は雨降
山(あふりやま)ともいい、山頂の阿夫利(あふり)神社本社の中
にある大岩は、かって石尊大権現(石尊信仰)の聖地です。

ここも江戸時代は女人禁制で、女性が登れるのはいまの阿夫利神社
下社までで、山頂の奥ノ院へは登れなかったといいます。

かつて大山参りをする江戸庶民は、出立前に水垢離(みずごり)を
とるのがしきたりだったといいます。

その唱え言葉に、「南無帰命頂礼、さんげさんげ(懺悔懺悔)、六根
罪障、おしめにはつだい(大峰八大の誤りではないかという)、大
山大聖不動明王、石尊大権現、大天狗、小天狗」とあります。

唱え言葉の通りいまも、山頂奥ノ院には狛犬の台座に大天狗、小天
狗の文字があります。

また下社から山頂へ登る途中にも同じ文字が彫ってある石尊大権現
の石柱が目につきます。石柱には「これより右富士浅間道」とあり
ます。

昔は富士講による富士登山ル−トに大山から富士へ、また富士の帰
りに大山へ寄るのが通例だったといいます。これはその時代の道標
のようです。

▼【データ】
【所在地】
・神奈川県伊勢原市と秦野市との境 小田急伊勢原駅からバス、大
山ケーブル下社駅、さらに歩いて1時間あまりで石尊大権現の石碑。
地形図になにも記載なし。石碑より南西方向約500mに阿夫利神社
下社がある。

【位置】
・【石尊大権現の石碑】緯度経度:北緯35度26分01.06秒、東経139
度13分57.8秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」か
ら検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「大山(東京)」

【山行】
・1990年(平成2)7月19日(木・晴れ):【1990年(平成2)7月19日
(木・晴れ)石尊大権現の石碑探訪「新宿駅・伊勢原駅・大山ケー
ブル・阿夫利神社下社・蓑毛・秦野駅・新宿駅」

【参考】
・「山岳宗教史研究叢書・8」(日光山と関東の修験道)宮田登・宮
本袈裟雄編(名著出版)1979年(昭和54)
・「図聚 天狗列伝・東日本編」知切光歳著(三樹書房)1977年(昭
和52)
・「古代山岳信仰遺跡の研究」大和久震平著(名著出版)1990年(平
成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る