とよた 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼236号 「東北・早池峰山早池峰ウスユキソウ」

【概略】
岩手県の早池峰山、エーデルワイスによく似たハヤチネウスユキソ
ウはここの蛇紋岩地帯だけに生える多年草植物。8月初旬、河原坊
キャンプ場で1泊、翌日、小屋の従業員が双眼鏡で山頂を監視して
いる。前日どこかの大学教授が無断採取したという。
・岩手県大迫町と遠野市、川井町との境

▼236号 「東北・早池峰山早池峰ウスユキソウ」

東北の名山早池峰山(1914m)は、古くからの信仰の山で「遠野物
語」にも多く取り上げられ伝説に満ちた山です。また一帯は高山植
物が咲き乱れ、とくにエーデルワイスによく似たハヤチネウスユキ
ソウは有名です。

その菱形の花序は自然の造形美の極致を見るようだと評判です。シ
ーズンになると花好きの登山者にとって見逃せない花の一つ。ハヤ
チネウスユキソウは早池峰山のここの蛇紋岩地帯だけに生える特産
の多年草植物。

花茎はやや太く高さ10から20センチ。根もとから生える葉は線状披
針形で、長さ3から8センチ。花茎にも葉が生えており、上側は緑
色、下側は灰白色の綿のような毛を密生させています。

苞葉は大小、5から15個もあり、星形をしています。花はその中に
4〜8個密生させています。総苞は球形で、総苞片には綿毛と細い
毛が生えています。

8月はじめ、河原坊キャンプ場で1泊、雨上がりのテント場は水た
まりばかり。やっと乾いた場所を見つけテントを張ろうとしました
が若いカップルのテントの近場。

「あっちににもいいところあります」と追い出されるしまつ。仕方
なく寝こごちは悪いですが湿った場所に張る羽目になりました。翌
日、山頂に向かおうとしたら山小屋の従業員が双眼鏡で山頂を監視
しています。

聞けば2,3日前、高山植物を盗掘した者がいて、駅まで追いかけ
とうとう捕まえてみたら某大学の教授だったと話していました。何
かの研究に使うつもりだったのでしょうか。

▼【データ】
【所在地】
・岩手県花巻市大迫町(旧稗貫郡(ひえぬきぐん)大迫町(おおは
さままち)。JR花巻駅からバスで終点河原坊。駐車場と、ビジタ
ーセンターがある。地形図に地名とビジターセンターの文字のみ記
載。付近に何も記載なし。

【位置】
・【河原坊】緯度経度:北緯39度32分27.19秒、東経141度28分
42.8秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「早池峰山(盛岡)」

【山行】東北の山縦走
・第7日目:1987年(平成1)8月3日(木・ガスのち晴れ)探訪:
1987年(平成1)7月28日(金)〜8月6日(日)「上野駅・盛岡駅・
八幡平頂上バス停・八幡平・もっこ岳・岩手山・雫石駅・田沢湖駅
・秋田駒ヶ岳・千沼ヶ原・烏帽子岳・田代岱・乳頭温泉・田沢湖駅
・盛岡駅・早池峰山・薬師岳・薬師堂・又一の滝・遠野駅・花巻駅
・上野駅」:家内と同行

【参考】
・「植物の世界・1」(朝日新聞社)1996年(平成8)
・「世界の植物・1」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「日本の野草」(山と渓谷社)1983年(昭和58)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る