とよだ 時・山の伝承民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼228号 「上州武尊・沖武尊の祠」

【概略】
武尊山はもともとは宝高、保鷹、穂高などと書き、ホタカ大明神(穂
高見命)をまつる山。かつては薬師堂だったり、保宝高明神、実高
明神社だったものを改名した。いつしか大和武尊の色が濃くなり、
地元の神であるホタカ大明神の祠は山頂で風化している。
・群馬県水上町と川場村との境

▼228号 「上州武尊・沖武尊の祠」

群馬県北部にそびえる上州武尊山(ほたか)はもと穂高山、保鷹山、
宝高山とも書かれ、山そのものを神とする穂高見命(ホタカ大明神)
の山だったそうです。ホタカミノミコトとくれば北アルプスの穂高
連峰を思い出します。

その通りで、穂高連峰の最高峰・奧穂高岳(3190m)山頂に祭られ
ている神さまと同じなのだそうです。いまのように日本武尊(やま
とたけるのみこと)にちなむ山名になったのは江戸時代とか。

各地の山々にはよく日本武尊伝説がつきまとっています。この上州
武尊山はその伝説を山名にしてしまったわけです。

山麓に点在する武尊神社も、もとは薬師堂だったり、保宝高明神、
実高明神社としてまつられていたものという。武尊神社は利根郡内
に16社あるとかで、それらがそろって名を変えたというのも不思議
です。

明治の神仏分離令の発動で何か目に見えない圧力が加わったのでし
ょうか。こうして山に日本武尊の色彩が濃くなるにつけ、地元の神
であるホタカ大明神の存在感は薄れてしまい、いまでは大明神の祠
は沖武尊の山頂で風化しています。

▼【データ】
【山名】
・【異名、由来】:ほたかさん。ほたかやまともいう。山名はホタカ
神信仰や日本武尊の東征伝説に由来。またホは突き出たもの、タカ
は高いで高く突きだした山。ホタカ神信仰の説もある。かつてはホ
タカは宝高・保鷹・穂高などと書いたが江戸時代になってから武尊
となった。

【所在地】
・群馬県利根郡みなかみ町(旧利根郡水上町)町と群馬県利根郡川
場村との境。JR上越線水上駅からバス、久保から歩いて6時間で
沖武尊。一等三角点(2158.0m)がある。地形図に三角点の標高の
み(沖武尊の山名なし)の記載あり。三角点より東南東の標高点21
44m(中ノ岳)の中間に武尊山の文字がある。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第39番):日本二百名山、日本三百
名山にも含まれる。
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(含まれず)
・群馬県選定「ぐんま百名山」(第87番)

【位置】
・三角点:【緯度経度】北緯36度48分18.8秒、東経139度7分57.26秒
(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【基準点の詳細】
・基準点(三角点):(基準点コード:TR15539116001)(点名:武尊
山)(冠字選点番号:真 5)(種別等級:一等三角点)(成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 36°48′18.6823、
経度 139°07′57.3377)(標高:2157.96m)(現況状態:正常 200
20404)(所在地:群馬県利根郡川場村大字川場湯原字川場谷国有林
27林班イ小班)(点の記図:閲覧可)。(国土地理院「基準点成果
等閲覧サービス」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「鎌田(日光)」or「藤原湖(日光)」(2図
葉名と重なる)。5万分の1地形図「日光−追貝」

【山行】上州武尊山山行
・第2日目:1983年(昭和57)5月23日(日・快晴)探訪:1983年
(昭和57)5月22(土)・23日(日)「上野駅・水上駅・久保バス停
・上野原山の家(泊)・沖武尊・名倉オキ・久保バス停・水上駅・
上野駅」

【参考】
・「角川日本地名大辞典10・群馬県」井上定幸ほか編(角川書店)1
988年(昭和63)
・「日本歴史地名大系10・群馬」(平凡社)1987年(昭和62)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る