とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼197号 「奥多摩・石尾根将門の馬場の伝説」

【概略】
石尾根には、将門にちなむ地名がならぶ。将門七部将が化石になっ
た姿とされる七ツ石山からつづく鷹ノ巣山東方に(将門の)城山が
あり、となりには将門の馬場もある。「承平・天慶の乱」平貞盛・
藤原秀郷の連合軍に討たれるまでこの地で馬術のけいこに励んだろ
うか。
・東京都奥多摩町

▼197号 「奥多摩・石尾根将門の馬場の伝説」

東京都の奥多摩には、平将門にちなんだ場所が多い。奥多摩町棚沢、
峰畑、城地区には将門神社があり、とくに棚沢には「将門」という
地名まであります。

埼玉県秩父地方の伝説では、生き残った将門の一族が奥多摩方面に
移住、子孫が繁栄していったとしています。

山梨県側の山梨県北都留郡丹波山村、山梨県北都留郡小菅村には敗
退した将門とその一族が、京都から落ち延びてきて東へ下っていっ
たとの伝説もあります。

そのせいか、奥多摩の最高峰雲取山(2017m)から東へJR奥多摩
駅まで伸びる石尾根には、将門にちなむ地名がならんでいます。

将門七部将が化石になった姿とされる七ツ石山からつづく鷹ノ巣山
東方に(将門の)城山があり、となりには「将門の馬場」というと
ころもあります。

登山道は山頂を通らずいつの間にか過ぎてしまいますが、いわれて
みればなるほど馬場だったかと思わせる平坦な地形です。

「承平・天慶の乱」平貞盛・藤原秀郷の連合軍に討たれるまで、常
に一緒だったという6人の影武者とともに、この地で馬術のけいこ
に励んだのでしょうか。

▼【データ】
【所在地】
・東京都西多摩郡奥多摩町。JR青梅線奥多摩駅からバス水根下車
歩いて3時間で石尾根将門の馬場。写真測量による標高点(1455m)
がある。地形図に地名と標高点の標高記載あり。付近に何も記載な

【位置】
・【標高点】緯度経度:北緯35度49分20.96秒、東経139度02分
16.25秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「奥多摩湖(東京)」(国土地理院「地図閲
覧サービス」から検索)

【山行】鷹ノ巣山山行
・日帰り:1981年(昭和56)7月7月19日(日)「立川・奥多摩駅・
中日原・鷹ノ巣分岐・稲村岩・鷹ノ巣山・将門馬場下・六ツ石山の
肩・羽黒神社・奥多摩駅」:ファミリー山行

【参考】
・「奥秩父の伝説と史話」太田巌著(さきたま出版会)1983年(昭
和58)
・「おくたまの昔話・第1集」(奥多摩民話の会編)1990年(平成2)
・「奥多摩風土記」大館勇吉著(武蔵野郷土史研究会)1980年(昭
和55)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る