とよた 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼187号「東北・飯豊山の飯豊山神社」

【概略】
飯豊山は役ノ行者らが開山、五社権現をまつった。明治時代、廃仏
棄釈の嵐が吹き荒れ権現社も焼き討ちにもされかねない。そこでい
ち早く飯豊山神社と改名、祭神も御井命などに改めた。いま頂上本
社と山ろく各地の祭神名がちぐはぐなのはその時のあわてぶりを示
している。
・福島県山都町

▼187号「東北・飯豊山の飯豊山神社」

東北・福島県と山形県と新潟県にまたがる飯豊連峰の最高峰は、大
日岳ですが主峰は飯豊山(いいでさん・2105m)とされているそう
です。

その山頂にはその名も飯豊山神社という神社があります。神社の言
い伝えでは、飛鳥時代の白雉(はくち)3年(652)、智通が当時19
歳の役ノ行者を伴ってこの山に「行」の道を拓いたのがこの山の開
山の最初とあります。

その時、この山が「飯を豊かに盛った」形になっているので「飯豊」
と名づけて五子王(ごしおう)をまつって五社権現としたのだそう
です(「会津正統記」)。

そして山麓の福島県山都町一ノ木に薬師寺を建てて別当寺にしたと
あります。平安後期になり、僧知頴上人、南海上人らが登山道を開
きます。

また片貝の白雲山不動院にお寺を建てて登りやすくしたため、参詣
者が小国、長者原口、中津川□から列をなしたという。

明治時代になり、明治政府から神仏分離令が公布されると、廃仏棄
釈の嵐が吹き荒れます。廃仏棄釈といえば以前どこかの国で起こっ
た文化大革命のようなもの。

放っておけば五社権現社は焼き討ちにもあいかねません。そこでい
ち早く神社の名を「飯豊山神社」と改め、祭神も御井命など五柱に
改めました。

頂上本社と山ろくの神社、それも場所によってまつってある神さま
の名が違っているのはその時のあわてぶりを示しています。神社仏
閣といえどもうまく立ち回らないと危ない目に遭うこともあるので
すね。

▼【データ】
【山名】飯豊山(いいでさん)・飯豊本山(いいでほんざん)・飯出
山・四季山。西斜面の新潟県北蒲原郡内に温泉があり「湯出・ゆい
で」に由来。また山容が飯を盛ったような形に由来(652年「会津
正統記」)。また「陸奥国風土記」逸文にある飯豊山のように豊岡姫
命・飯豊青尊に由来するなどの説がある。四季山:夏に登ると万年
雪やお花畑があり、さらに風は秋を思わせるように冷たいので信者
たちは四季山といった。

【名山】
・深田久弥選定「日本百名山」(第19番):日本二百名山、日本三
百名山にも含まれる。
・田中澄江選定「花の百名山」(含まれず)
・岩崎元郎選定「新日本百名山」(含まれず)

【所在地】
・御西小屋までは福島県喜多方市山都町(旧耶麻郡山都町)。それ
から先は山形県西置賜郡小国町と新潟県東蒲原郡阿賀町(旧東蒲原
郡鹿瀬町)との境。磐越西線山都駅の北25キロ。JR磐越西線山都
駅かタクシー・川入りからのべ8時間30分で飯豊本山。一等三角点
(2105.1m)と飯豊山神社がある。地形図に山名と三角点の標高の
記載あり。

【ご利益】
・【飯豊山神社奥宮】:五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、身体堅固

【位置】
・三角点:【緯度経度】北緯37度51分17.59秒、東経139度42分25.45
秒(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【三角点の位置】基準点閲覧サービス
・基準点:(基準点コード:TR15639652601)(点名:飯豊山)(冠字
選点番号:館 2)(種別等級:一等三角点)(基準点成果状態:正
常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度経度:緯度 37°51′1
7.4006、経度 139°42′25.5418)(標高2105.14m)(基準点現況状
態:正常 20070926)(所在地:所在地:福島県喜多方市大字一ノ木
字飯豊山乙4841)(点の記図:閲覧可)。(国土地理院「基準点
成果等閲覧サービス」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「飯豊山(新潟)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」から検索)。5万分の1地形図「新潟−飯豊山」(国土地
理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索)

【山行】飯豊連峰縦走
・第3日目:1985年(昭和60)7月30日(火・晴れ)飯豊本山探訪
:1985年(昭和60)7月28日(日)〜8月1日(木)「山都駅・川入・
三国小屋・切合小屋・草履塚・姥権・飯豊山頂・御西・烏帽子岳・
梅花皮(かいらぎ)岳・門内岳・地神山・鉾立峰・えぶりさし岳(?
差岳)・大熊小屋・セガイ沢・大石・越後下関駅」

【参考】
・「飯豊山の修験道」中地茂男(「山岳宗教史研究叢書・7」(名著
出版)1977年(昭和52)所収
・「角川日本地名大辞典7・福島県」小林清治ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「角川日本地名大辞典6・山形県」誉田慶恩ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「修験の山々」柞(たら)木田龍善(法蔵館)1980年(昭和55)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)
・『日本歴史地名大系6・山形の地名』(平凡社)1990年(平成2)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る