とよた 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼178号 神奈川県丹沢・姫次の伝説

姫次の姫とは、安土桃山時代「天目山の戦い」で敗れた武田勢の旗
本・小山田八左衛門の娘折花姫のこと。姫は信長・家康連合軍の執
拗な追及にあい、ついにここで追いつかれ、短刀で自分ののどを突
いて自害したと伝える。「姫突き」が姫次に転化した地名だという。
(本文は下記にあります)

▼178号「神奈川県丹沢・姫次の伝説」

【本文】
丹沢山塊の東丹沢の大倉尾根を登り、丹沢主脈を縦走します。塔
ノ岳から、丹沢山、不動ノ峰を通り、蛭ヶ岳を経て北へ下ります。
しばらくして原小屋平を過ぎ、ひと登りするとベンチのある「姫
次」という所に出ます。

姫とは、安土桃山時代「天目山の戦い」で敗れた武田勢の旗本・
小山田八左衛門の娘・折花姫のことだといいます。安土桃山時代、
武田氏17代当主武田勝頼は、天正3年(1575)三河長篠の戦いで
徳川家康・織田信長連合軍に敗れ勢力が激減し、次第に領国も失っ
ていきました。

武田勝頼は1581年、織田・徳川連合軍を迎え討つため、新府韮崎
城を築きます。しかし翌年の1582年(天正10)、織田信長が甲斐
武田侵攻をはじめると新府韮崎城に火をかけて逃れ、山梨県大月市
にある家来の小山田信茂の岩殿城(JR中央線大月駅近く)を目指
しました。

その道中、笹子峠で小山田信茂が武田勝頼を裏切ります。行くとこ
ろがなくなった武田勝頼は、いまの山梨県甲州市大和村田野の天目
山(JR中央線甲斐大和駅東方)の近くで嫡男信勝とともに自害し
ました(「天目山の戦い」)。

こうして平安時代から続く甲斐武田氏は滅亡しました。その後小山
田信茂は、信長方への帰属を願い出るのでしたが、かえって不忠者
として成敗されてしまいます。

この小山田信茂の一族に小山田八左衛門丞行村(彦之丞)という武
士がいました。小山田信茂が岩殿城を留守している間、小山田行村
が岩殿城代を勤めていました。彼はあの有名な百足衆(大百足差物
衆)に属する武将だったという。

行村は、主君である信茂が織田信長に処刑されたという知らせに「信
長は必ずここにも攻めてくる」と確信。大月からいまの神奈川県相
模原市津久井地区へと入って行きました。その一行の中に折花姫(お
りばなひめ)という美女がおりました。

小山田行村は、折花姫だけは逃げられるよう、敵の弾に当たり自分
が犠牲になりました。その間に、折花姫は翁と姥を伴い神ノ川の上
流に逃げていったいうのです。その後、折花姫は神ノ川沿いに隠
れ住みますが、信長・家康連合軍の追っ手は執拗に探してきます。

折花姫はなおも山奥に入り、ここ姫次の地にたどり着きました。
しかし、ここでついに織田信長の追っ手に追いつかれてしまいま
した。「もはやこれまで」。折花姫は、持っていた短刀で自分のの
どを突いて自害してしまったと伝えます。

だからここは「姫次」ではなく、「姫突き」が本当の地名だという
説があります。また、昔はこのへんにウツギの仲間のヒメウツギ
がたくさん自生していたという。

これを略してヒメツギとなり「姫次」の字を当てたとの説もあり
ます。いまは姫次をヒメツグと読む人が増え、わざわざ「ひめつ
ぐ」とルビをふる地図もあります。

地名・山名も時代によってどんどん変わっていくものですね。ち
なみに神の川周辺には、姥が死んだとされる場所に「ばば宮」が、
爺の死んだとされる所には「じじ宮」、そして姫の死んだといわれ
ている所には「姫折宮」という祠が建てられ、姫たちの霊をとむら
っています。

▼【データ】
【地名】・折花姫説とヒメウツギ説がある。

【所在地】
・神奈川県相模原市(旧津久井郡津久井町)。JR中央線藤野駅か
らバス、やまなみ温泉下車、藤野町営バス東野行き乗り換え、終点
東野で下車、さらに歩いて3時間で姫次。地形図に何も記載なし。

【位置】
・姫次:【緯度経度】北緯35度30分32.85秒、東経139度07分56.4
秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「大室山(東京)」or「青野原(東京)」(2
図葉名と重なる)(国土地理院「地図閲覧サービス」から検索)

【山行】裏丹沢から西丹沢
・第1日目:1985年(昭和60)9月21日(土・くもり)姫次探訪:
1985年(昭和60)9月21日(土)〜23日(月)「藤野駅・東野・林道終
わり・八丁の頭・姫次・テント(泊)・風巻の頭・吊り橋・神ノ川
ヒュッテ・犬越路・大室山・加入道ヒナン小屋(泊)・白石峠・用
木沢出合・少年自然センター・西丹沢・新松田駅」ファミリー山行

【参考】
・「尊仏2号」栗原祥ほか(さがみの会)1989年(平成1)
・「かながわの山」植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る