とよた 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼168号「富士山・富士山の誕生伝説」

【概略】
第六代孝安天皇の92年というから、「日本書紀」の記述から換算す
ると、紀元前301年?にあたる6月耳をつんざくような大音響と
共に地面から富士山がわき出した。『古縁起』という古書によると
仰天したふもとの村の話からそれぞれの村名ができたという。
・山梨県南都留郡、富士吉田市

▼168号「富士山・富士山の誕生伝説」

富士山はいつできたか。科学的な研究は専門の先生方にまかせてお
くとして、こちらは相変わらず途方もない話でご機嫌を伺うことと
致します。

富士山の誕生伝説にはなぜか第六代孝安天皇の九十二年(「日本書
紀」の記述からの換算で紀元前301年)説と、孝霊天皇五年(「同じ
年代換算で紀元前286年)説が有名なようです。

そのなかから孝安天皇の九十二年説もゆかいな話です。孝安天皇の
九十二年(紀元前301年?)の6月のことだそうです。

耳をつんざくような大音響と共に、突然地面が盛り上がり富士山が
わき出したというのです。このとてつもなく大きな山の出現に、ま
わりの村々は大騒ぎです。

すわ山崩れかと表に飛び出して見ればとてつもない大きな山があり
ます。人々は2度ビックリ、目を見張りました。それから「大目村」
(いまは山梨県上野原市・いまの犬目のあたり)の名ができたとい
う。

また別の村では、音楽のような爆発音がやたらと大きく「賑やか」
で外に飛び出し仰天。「賑丘(賑岡)村」(いまは大月市)の名前に
なったという。またその音に「大嵐」が来たと思ったのは「大嵐村」
(いまは富士河口湖町)の人々。

まだまだあります。大嵐村の隣の鳴沢村では、怪しい沼の「沢鳴り
か」と大騒ぎ。これは「どうした」ことだと慌てたのは南都留郡道
志村。地面にひれ伏し、まるで「毬栗が平つくばった」ように震え
ているのは平栗(いまの都留市)の里人。

そんな中で、のんびりしていたのは明日見村(いまの富士吉田市明
見地区)の人々。一向に気にとめず外に出る者もいません。

ほかの村の人が「おーいッ。タイヘンだ。早く出てきて上を見てみ
ろ」と、いいながら村を中歩きましたが「どうせ大したことない。
あす見よう。明日見よう。」と、ものぐさをきめ込みました。

ところが翌日、外に出てきたときにはには地形が変わってしまって
いて、永久に富士山の姿は見られないようになってしまっていまし
た。

これは『古縁起』という古書にあるお話です。どこからかんなとて
つもない話が出てくるんでしょうか。いやあ、まいりました。

▼【データ】
【山名】富士山、不尽、不二、布士、富慈、芙蓉峰(ふようほう)、
富岳などの呼び方がある。富士山8合9勺(はちごうきゅうしゃく
=3360m)からから上、約400万平方mは、徳川家康が富士山本
宮浅間大社に寄進したとの記録があるが、明治維新後国有地にされ
ていた。

8合目から上の神社の施設のある約16万平方m分は1952年(昭和
27)に大社に譲与されているが、富士山頂が返還されなかったため、
大社側が国を相手取って裁判を起こしました。1974年(昭和49)、
最高裁の判決で大社側の所有が認められた。

しかし静岡、山梨の県境が確定しておらず、登記手続きがとれず(東
海財務局)、2004年(平成16)12月17日、土地の所有権が国から
富士山本宮浅間神社に移った。(2004年(平成16)12月18付け朝
日新聞から)。

しかし、土地の所有権は認められはしたものの、山頂付近の静岡県
と山梨県の県境はまだ定まっていないという。したがって、土地登
記が出来ずじまい。住所は、もちろん静岡県でもなく山梨県でもな
い。所在地は、日本国富士山無番地なのだそうです。

同大社側は「これで所有権の手続きは解決した。県境の問題は県民
感情もあり、登記に向けて時間をかけて解決したい」と話している
という。

【所在地】
・山梨県富士吉田市、山梨県南都留郡鳴沢村と静岡県富士宮市、富
士市、御殿場市・静岡県駿東郡小山町との境だが八合目付近から上
部は富士山本宮浅間大社の「私有地」になっており、境界がはっき
りしていない。富士急行河口湖駅からバス、河口湖口五合目から5
時間30分で富士山頂。電子基準点と三角点が二つある。2万5千
分の1地形図「富士山(甲府)」(別の図葉名と重ならず)5万分の
1地形図「甲府−富士山」:

※注:電子基準点(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」
では標高3774.9mだが「基準点成果等閲覧サービス」では3777.39
mになっている)

▼【位置】
・山頂剣ヶ峰に電子基準点と三角点、白山岳に三角点、火口内に標
高点がある。

・剣ヶ峰に電子基準点(※標高3774.9m)(北緯35度21分38.75秒、
東経138度43分38.3秒)

・剣ヶ峰電子基準点のすぐ南に三角点(標高3775.6m)(北緯35度2
1分38.26秒、東経138度43分38.52秒)

・白山岳に三角点(標高3756.4m)(北緯35度22分0.02秒、東経138
度43分46.43秒)

・火口内に標高点(標高3535m、写真測量による標高点)(北緯35
度21分46.53秒、東経138度43分53.27秒)

▼【基準点成果等閲覧サービス】
・山頂剣ヶ峰に電子基準点と三角点、白山岳に三角点、火口内に標
高点がある。

・剣ヶ峰に電子基準点(※標高3777.39m、点名:富士山)(基準点
コード:EL05338052802)(成果状態:正常)(緯度経度:緯度 35°
21′38.7767、経度 138°43′38.2926)(現況状態:報告なし 2003
0817)(所在地:記載なし)。(国土地理院「基準点成果等閲覧サー
ビス」から)

・剣ヶ峰に二等三角点(標高3775.63 m、点名:富士山)(基準点
コード:TR25338052801)(冠字選点番号:正2)(成果状態:正常)
(緯度経度:緯度 35°21′38.2608、経度 138°43′38.5153)(現
況状態:正常 20040820)(所在地:記載なし)。(国土地理院「基準
点成果等閲覧サービス」から)

・白山岳に二等三角点(標高3756.36 m、点名:富士白山)(基準
点コード:TR25338053801)(冠字選点番号:正 1)(成果状態:正
常)(緯度経度:緯度 35°22′00.0174、経度 138°43′46.4289)
(現況状態:正常 20040820)(所在地:記載なし)。(国土地理院「基
準点成果等閲覧サービス」から)

【山行】富士登山
・第2日目:1983年(昭和58)8月3日(水)探訪:1983年(昭和
58)8月2日(火・くもり)〜3日(水)「大月駅・河口湖駅・五
合目バス停・八合目泊・富士山頂・お鉢めぐり・五合目バス停・河
口湖・大月駅・高尾駅」:ファミリー山行

【参考】
・「日本山岳風土記・3」(宝文館)1960年(昭和35)
・「富士山・史話と伝説」遠藤秀男(名著出版)1988年(昭和63)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る