とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼135号「南房総・高塚山の風神雷神」

【概略】
眼下に太平洋の荒波が踊る高塚山。妙高山大聖院の奥の院で秋葉山
大権現もまつる。その山門は風雷門といい、仁王門はユニ−クな風
神雷神。お腹をふくらませイバっている。文政3年の奉納明治44
年補修という石碑。人影がないかわりにカラスの大集団に見舞われ
た。
・千葉県南房総市

▼135号「南房総・高塚山の風神雷神」

晩秋から花咲く南房総。その突端白浜近くに高塚山という山があり
ます。高塚山に限らず「塚」のつく山が多くあります。

塚とは祭壇として、人工的に盛りあげた小さな丘や丸山。神霊をま
つる場所としてあがめられ、潔斎場、遥拝場に使われることもある
ところ。そこから転じてドームのような丸い山を指すようになった
そうです。

聞きかじりによれば、ここは亜熱帯照葉樹林の北限地。そのせいか
遠く沖縄の自然林と構成が似ていて、氷河期でも緑におおわれてい
たとされるところ。

山頂は妙高山大聖院の奥の院で秋葉山大権現もまつってあります。
自然環境保全地域でもあり、眼下には太平洋の荒波が踊っています。

その山門は風雷門といい、仁王のかわりにユニ−クな風神雷神。お
腹をふくらませてイバっています。早速帽子をとり一礼、スケッチ
をはじめます。

文政3年というから1820年の奉納、1911年(明治44)補修という
石碑。人影は全くありません。人影がめずらしいのか食べ物をねだ
りにきたのかカラスが集まり大騒ぎ。描きおわるまで合唱を聞かさ
れるのでありました。

▼【データ】
【所在地】
・千葉県安房郡千倉町(いまは南房総市)。JR内房線千倉駅から
白浜行きバス七浦小学校下車、歩いて30分で高塚山。写真測量による
標高点(216m)と妙高山大聖院の奥の院がある。地形図に山名と標
高点の標高と寺院記号の記載あり。

【位置】
・標高点:写真測量による標高点(216m)。【緯度経度】北緯34度56
分14.83秒、東経139度56分25.5秒(国土地理院「電子国土ポー
タルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図千倉(横須賀)(国土地理院「地図閲覧サー
ビス」から検索)

【山行】
・日帰り:1988年(昭和63)11月3日(快晴)探訪:「千葉駅・千
倉駅・七浦小学校前・川口への分岐・高塚山・七浦小前・高家(た
かべ)神社・千倉駅・上総湊駅・バス六野・寺尾・六所神社わきの
河童の証文石碑・バス停・上総湊駅」:単独行

【参考文献】
・「角川日本地名大辞典12・千葉」川村優ほか編(角川書店)1984
年(昭和59)
・「コンサイス日本山名辞典」(三省堂)1979年(昭和54)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る