とよだ 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼134号「和歌山・高野山奥ノ院」

【概略】
空海が平安時代に開いた真言宗の山岳霊場高野山。東端にある奥ノ
院は開祖弘法大師空海をまつる。参道は杉やヒノキがうっそうと茂
る石畳。大小さまざまな石塔や鳥居がならび上杉謙信、武田信玄・
織田信長や明智光秀などの墓石もあり、廟の前は老若男女の観光客
で賑わう。
・和歌山県高野町

▼134号「和歌山・高野山奥ノ院」

各地の山々や山麓に弘法伝説を残す弘法大師空海が、平安時代の
初めに開いた和歌山県の真言宗の山岳霊場高野山があります。標
高800mの台地に東西6キロ、南北3キロにおよぶ聖地が広がり、
総本山金剛峯寺(こんごうぶじ)を中心に大小の寺院はもちろん、
みやげ物屋から高校、大学まであるりっぱな街です。

伝説によると弘法大師ははじめ、唐に入って行を修め、日本へ帰
るための船に乗るとき、持っていた三鈷杵(さんこしょ・金剛杵
のひとつで両端が三ツ股になったもの)に願いをこめて、わが密
教が日本に渡れるならば、この杵を先に渡すから、布教をするに
ふさわしい霊地を見つけておいてくれるよう杵を海のなかに放っ
たという。

平安時代はじめの815(弘仁6)年(「今昔物語」では816・弘仁7
年)、いまの奈良県五條市で、猟師の姿をした狩場明神と出会った
弘法大師は、明神の使者である黒白2匹の犬の案内で、かつて海
に放った三鈷杵のあるところの高野山にたどり着くことができた
という。

『今昔物語』(巻十一第二十五)では、「我ガ唐(たう)ニシテ擲
(な)ゲシ所ノ三鈷(さむご)落タラム所ヲ尋(たづね)ム」ト
思(おもひ)テ、弘仁七年ト云フ年ノ六月ニ、王城(わうじやう)
ヲ出(いで)テ尋ヌルニ、大和ノ国宇智(うち)ノ郡(こほり)
ニ至リテ一人ノ猟(かり)ノ人ニ会(あひ)ヌ。

其形(そのかたち)、面(おもて)赤クシテ長(たけ)八尺計(ば
かり)也。青キ色ノ小袖ヲ着(ちゃく)セリ、骨高ク筋太シ。弓
箭(きゅうせん)ヲ以テ身帯(みにたい)セリ。大小ノ黒キ犬ヲ
具(ぐ)セリ」とあります。連れていたのは黒い大小の犬だとし
ています。

しかしほかの本では黒白2匹の犬であったり、説明と図版で違っ
ていたり、かなり混乱が生じているようです。しかし、それはソ
レ、遠ーい昔のこと。あまり気にしないでいきたいものです。さ
らに「今昔物語」は続きます。

弘法大師が、かつて投げた三鈷杵のあるところを探しているのを
知ると、漁師はそこを知っているというのです。早速、猟師の案
内で紀州の境の紀ノ川のほとりに来ると、またひとりの山人に出
会います。

大師はまた杵のことを尋ねると「ここから南の山中に盆地がある。
杵はそこにある」とのこと。翌朝3人で歩きながら話すには、「実
は自分はその山の主であるが、今日から領地は全部師に奉ります」
という。しばらく行くと、大きな杉の股に彼の杵が突き刺さって
いました。大師は、こここそ心にかなった霊地と知り、山人に名
を聞くと「丹生の明神と申す。また猟師は高野の明神でござると」
いうなり、ふたりの姿は消えたという。

高野山東端にある奥ノ院は開祖であるこの弘法大師空海をまつっ
てあります。参道は杉やヒノキがうっそうと茂る石畳で、大小さ
まざまな石塔や鳥居がならんでいます。

古いのは平安時代997年の多田満仲の墓をはじめ、上杉謙信、武
田信玄・勝頼父子、とくに興味を引くのは当地を攻略した織田信
長や明智光秀などの墓石もならんでいるのです。敵味方関係なく
地下に眠る人々の供養に努めるところなどは、さすが弘法大師の
霊地としての心の広さがうかがえます。

廟の前は老若男女大勢の観光客が、みやげ物を手に見物していま
す。そんななかでよほどのことがあったのか、一心不乱に「般若
心経」を唱える一組の中年のご夫婦のうしろ姿が心に焼きつき、
いまだに忘れられません。

余談ながらその黒白2匹の犬は、奈良県五条市の犬飼山転法法輪
寺(いぬがいさんてんぽうりんじ)境内の狩場明神社こま犬とし
て鳥居のそばに建立され、また金剛峰寺や京都東寺には犬を連れ
た明神の画像も収蔵されています。

▼高野山奥ノ院弘法大師廟【データ】
【所在地】
・和歌山県伊都郡高野町。南海電鉄極楽橋駅からケーブル高野山
駅・バスで奥ノ院。地形図に弘法大師廟の文字と建物記号のみ記
載。

【位置】
・弘法大師廟:北緯34度13分22.95秒、東経135度36分20.71秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「高野山(和歌山)」

【山行】紀伊の山大台ヶ原縦走
・1994年(平成6)11月4日(金・晴れ)第5日目
・1994年(平成6)10月31日(月)〜11月7日(月)河辺町講演「京都
駅・橿原神宮駅・二上山・久米の岩橋・大和葛城山・御所駅・和
歌山駅・紀伊由良駅・興国寺・川辺町役場・道成寺・河辺町で講
演・サイクリングターミナル・御坊駅・和歌山駅・橋本駅・極楽
橋駅・高野山・橋本駅・大和上市駅・大台ヶ原・日出ヶ岳・大杉
谷・松坂駅」単独行

【参考】
・「角川日本地名大辞典29・奈良県」永島福太郎ほか編(角川書店)
1990年(平成2)
・「今昔物語」巻第十一(弘法大師始建高野山語第二十五):日本
古典文学全集24「今昔物語」(1)校注・訳:馬淵和夫ほか(小学
館刊)1993年(平成5)
・『山岳宗教史研究叢書・11』「近畿霊山と修験道」五木重編 (名
著出版)(全18巻)1978年(昭和53年)
・『山岳宗教史研究叢書・16』「修験道の伝承文化」五記重編 (名
著出版) 1981年(昭和56)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る