とよだ 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼132号「丹沢・大野山の大イヌクビリ」

【概略】
大野山山頂から東へ5分ほど下った肩に「イヌクビリ」と呼ばれる
所がある。オオカミをくびり殺した場所の意味だという。昔、この
あたりにオオカミが出没し、村人は山仕事にもいけない。そこで大
野某という人が、ひそかにワナをしかけ、ついに「くびって」退治
した場所だという。
・神奈川県山北町

▼132号「丹沢・大野山の大イヌクビリ」

神奈川県・丹沢山塊南部にある大野山(724m)はその名前の通り、
広々とした大きな草尾根です。頂上近くに県営牧場があり、全体が
なだらかで丹沢湖・畦ヶ丸・菰釣山など展望がよくききます。

この山は牧場と湖を結ぶなかなかの人気ハイキングコースです。そ
の山頂にまつられる祠は、竜集大権現という神さま。その石祠から
東に5分ほど下った肩に「イヌクビリ」と呼ばれる所があります。

イヌは犬。「ヤマイヌ」とか「オイヌ」とか呼ぶオオカミのこと。
クビリは「縊(くび)り」で首をくくってしめ殺すこと。つまり、
オオカミをくびり殺した場所の意味だそうです。

昔、このあたりにオオカミが出没し、ついに通行人を襲い、かみ殺
すしまつ。村人は山仕事にもいけません。そこで大野某という人が、
ひそかにワナをしかけ、ついに「くびって」退治したといいます。

その子孫がふもとの深沢地区の大野さんというお宅。いまでもその
オオカミの頭がい骨を「魔除け」として大切に保存しているそうで
す。

1957(昭和32)年に専門家が鑑定。その結果ニホンオオカミの骨で
あることが証明されたそうです。頂上の休憩所ではノラ猫が食べ物
をねだって頭を地面にこすりつけています。

牛の引越しに出会い、にぎやかな行列の後について歩いたりしまし
た。犬クビリはいまは単なる踏み歩かれた北に延びる林道の一角。
昔日の面影はなく明るい日の光に照らされていました。

▼【データ】
【山名】・オオカミを「くびっ」て退治した。

【所在地】
・神奈川県山北町。JR御殿場線谷峨駅から2時間で大野山。三等
三角点(723.1m)と竜集大権現の祠がある。地形図に山名と三角
点の標高と大野山乳牛育成牧場の文字の記載あり。

【位置】
・三角点:(標高723.1m、三等三角点)。【緯度経度】北緯35度23
分9.52秒、東経139度02分55.45秒(電子国土ポータルWebシステ
ムから検索)

【基準点の詳細】
・基準点:(基準点コード:TR35339005401)(点名:大野山)(冠
字選点番号:沢 95)(種別等級:三等三角点)(基準点成果状態
:正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°23′
09.5108、経度 139°02′55.3791)(標高:723.08 m)(基準点現
況状態:正常 20050131)(所在地:神奈川県足柄上郡山北町大字皆
瀬川字大ノ山719番地)(点の記図閲覧:可)。(国土地理院「基
準点成果等閲覧サービス」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「山北(東京」(別の図葉名と重ならず)(国
土地理院「地図閲覧サービス」から検索)。5万分の1地形図「東
京−秦野」(「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【山行】
・日帰り:1988年(昭和63)6月29日(水)探訪:「新宿駅・新松
田駅・大野山入口・古宿小学校・大野山・湯本分岐・秦野峠分岐・
三神峠・神縄・頼政神社・山市場・新松田駅」:単独行

【参考】
・「尊仏2号」栗原祥・山田邦昭ほか(さがみの会)1989年(平成
1)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る