とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼128号 大菩薩・小金沢連嶺の岩竹源次郎伝説

源頼朝に討たれた木曽義仲の家来、岩竹源次郎はわずかな仲間をつ
れ、大菩薩の南方牛奥ノ雁ヶ腹摺山の山麓牛奥地区に逃げ込んだが、
近くの源次郎岳に追いつめられ自刃。自分の腹わたを相手の顔に投
げつけたという。昔の人はスッゴイねエ。

▼128号「大菩薩・小金沢連嶺の岩竹源次郎伝説」

・【本文】
山梨県の大菩薩峠は「大菩薩峠」という同名の小説でも有名です。
この峠は、その昔新羅三郎義光(源義光)が奥州攻めの際この峠を
越えようとして道に迷ってしまったという。

その時、木こりが現れて道を案内したのち、コツゼンと姿を消しま
した。ア然とたたずむ義光、ふと見ると、笛吹川にひるがえる八流
の白旗。

「おお、南無八幡大菩薩、あの木こりは軍神であったか」と叫び以
後それを略して大菩薩峠と呼ぶようになったと『甲斐国志』という
地誌にあります。

また、地名伝説にはこのほか、ここに萩原地区の神戸神社(正観音
菩薩がある)の奥の院があったからとか、以前妙見菩薩がまつられ
ていたからとの説もあります。

その南方にある牛奥ノ雁ヶ腹摺山。山名の牛奥地区にこんな話が残
っています。鎌倉時代、源頼朝に討たれた木曽義仲の家来、岩竹源
次郎は、わずかな仲間をつれ、甲州、牛奥東組に逃げ込みました。

しかし頼朝の残党狩りはきびしく、ついに近くの源次郎岳に追いつ
められ、山頂の南西にある枡岩(ますいわ・畳岩)と呼ばれる岩の
上で自刃したといいます。

その時、自分の腹わたを討っ手の顔に投げつけたという。ムカシの
人はスッゴイねエ。

▼【データ】
【所在地】
・山梨県甲州市塩山(旧同県塩山市)。JR本線塩山駅の東6キロ。
JR中央本線甲斐大和駅から歩いて3時間15分で嵯峨鹽温泉。さら
に1時間で嵯峨塩深沢林道、さらに歩いて1時間20分で源次郎岳(新
日本山岳誌)。三等三角点(1476.6m)がある。地形図に山名と三
角点の標高の記載あり。

【位置】
・三角点:(標高1476.6m、三等三角点)。【緯度経度】北緯35度41
分48.25秒、東経138度47分57.1秒(電子国土ポータルWebシステ
ムから検索)

【基準点の詳細】
・基準点:(基準点コード:TR35338463401)(点名:源次郎)(冠字
選点番号:河 49)(種別等級:三等三角点)(基準点成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 35°41′48.2415 
経度 138°47′57.0521)(標高:1476.57 m)(基準点現況状態:
正常 19920601)(所在地:記載なし)(点の記図閲覧:×)。(国土
地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索)

【点の記】
・閲覧不能

【地図】
・2万5千分の1地形図「大菩薩峠(甲府)」(国土地理院「地図閲
覧サービス」から検索)。5万分の1地形図「甲府−丹波」(「電子
国土ポータルWebシステム」から検索)

【参考文献】
・「エリアマップ23・大菩薩連嶺」塚田信正(昭文社)1981年(昭
和56)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成4)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る