とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼125号 房総・鹿野山の日本武尊

鹿野山の白鳥神社は大和武尊まつる。房総に上陸した武尊を案内し
た白鳥が飛来した所とも、次の遠征地に向時案内の白鳥が飛び立っ
た所とも、鈴鹿市で息絶えた武尊が白鳥に化身して飛来したとの伝
説もあり複雑。杉林の中の白鳥峯。カラスとゴルフ場がにぎやかだ
った。

・【本文】

マザー牧場と一時トラ騒動で有名になった房総の鹿野山(かのうざ
ん)。山頂には白鳥神社があって日本武尊(やまとたけるのみこと)
とその妃・弟橘姫(おとたちばなひめ)をまつってあります。

白鳥神社の裏山は白鳥峰という鹿野山のなかでは一段高い所で、岩
を積んだ上に「大和武尊草薙(くさなぎ)」と書かれた剣の形の石
碑が建っています。

ここは東京湾の入口浦賀水道から房総に上陸した日本武尊を道案内
した白鳥の飛びおりた所だとも、武尊自身が白鳥の姿で富津方面か
ら飛んできたとも、武尊が次の遠征地に向かうとき、案内の白鳥が
飛びたった所など、諸説フンプンとしています。

その上、滋賀県・伊吹山の山の神の毒に当たり、三重県鈴鹿市で息
絶えてから白鳥に化身して、この峰に飛来したという伝説も重なり
ますから複雑になってきます。

6月はじめ白鳥神社は地元の安全祈願の準備中。杉林の中の白鳥峯。
スケッチの間中、カラスとおゴルフ場がにぎやかです。

「あんたもどうだい、安全祈願していかないか」というからかい半
分の宮司の言葉を丁重にお断りし山をあとにしました。

▼【データ】
【所在地】
・千葉県君津市。内房線佐貫町駅の東7キロ。JR内房線佐貫町駅
からバス30分、歩いて30分で鹿野山白鳥峰。写真測量による標高
点(379m)がある。地形図に標高点の標高と南側に白鳥神社の文
字のみ記載あり。

【位置】
・標高点:写真測量による標高点(379m)。【緯度経度】北緯35度15
分20.15秒、東経139度58分18.75秒(国土地理院「電子国土ポー
タルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「鹿野山(横須賀)」(国土地理院「地図閲
覧サービス」から検索)

【山行】
・日帰り:1987年(平成1)6月1日(木・晴れ)探訪:「千葉駅・
JR内房線佐貫町駅(バス)鹿野山・白鳥神社・白鳥峰・阿久留王
塚・鹿野山タワー・熊野峰・神野寺奥ノ院(飯縄社・白狐に乗った
荼吉尼天)・洞窟の中の神社・天神堀・田倉入口(大ぞうり)・田倉
・田倉本村入口・環駅・JR内房線上総湊駅・千葉駅」:単独行

【参考】
・「角川日本地名大辞典12・千葉」川村優ほか編(角川書店)1984
年(昭和59)
・「房総志料続篇」:「房総叢書・6」(房総叢書刊行会)1941年(昭
和16)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る