とよだ 時・山岳ゆ-もぁ画
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼120号 東北・朝日連峰の伝説

朝日連峰の主峰大朝日岳は剣頭山とも呼ばれています。これは見当
山の意味といいます。1598(慶長3)年、米沢城主・直江山城守は
この山を目標にしながらの交通路「朝日軍道」をつくった。「八千
の兵を引き、黒鍬五百、熊斧(よぎ)三百、つるはし鎌の者千人を
先に立て…」という大工事。その痕跡はいまも狐穴小屋、以東岳間
に残っています。

【本文】

東北・山形県の朝日連峰・朝日岳(大朝日岳などの山々)も修験道
の祖・役ノ行者(えんのぎょうじゃ)が開いた所だとされています。
飛鳥時代の680年(白鳳8)、行者が山頂に天照大御神(あまてらす
おおかみ・仏教でいう大日如来)をまつったのが最初だそうです。

その後、940(天慶3)年の天慶の乱で敗れた平将門の残党や1185
(寿永4)年の平家滅亡の時の残党が入り込み、山伏になって次第
に強大な勢力になっていきます。鎌倉中期になり、北条時頼が出家
して諸国行脚(あんぎゃ)の際、ここに立ち寄りその勢力の強大さ
に驚き朝日岳を閉鎖し、山伏たちを弾圧したといいます。

またこの連峰の主峰大朝日岳は剣頭(けんとう)山とも呼ばれてい
ます。これは見当(けんとう)山の意味といいます。よく目立つた
め、交通の目標になります。

1598(慶長3)年、米沢城主・直江山城守はこの山を目標にしなが
らの交通路「朝日軍道」をつくります。「八千の兵を引き、黒鍬五
百、熊斧(よぎ)三百、つるはし鎌の者千人を先に立て…という大
工事。その痕跡はいまでも狐穴(まみあな)小屋、以東岳間に残っ
ています。

▼【データ】
【所在地】
・山形県西村山郡朝日町と同県西村山郡西川町と同県西置賜郡小国
町との境。JR左沢線寒河江駅バスターミナルからバス、宮宿待合
所からバス乗り継ぎ、朝日鉱泉下車歩いて5時間で大朝日岳。二等
三角点(1870.3m)がある。地形図に山名と三角点の標高の記載あ
り。

【位置】
・【緯度経度】:北緯38度15分37.85秒、東経139度55分20.3秒
(電子国土ポータルWebシステムから検索)

【三角点の位置】
・基準点:(基準点コード:TR25739370401)(点名:朝日岳)(冠
字選点番号:美 7)(種別等級:二等三角点)(基準点成果状態:
正常)(測地系:世界測地系)(緯度経度:緯度 38°15′37.9322
 経度 139°55′20.2901)(標高:1870.31m)(基準点現況状態
:露出 20000820)(所在地:記載なし)(点の記図閲覧:×)。(国
土地理院「基準点成果等閲覧サービス」から検索)

・【点の記】
・閲覧不能

【地図】
・2万5千分の1地形図「朝日岳(村上)」(国土地理院「地図閲覧
サービス」から検索)。5万分の1地形図「村上−朝日岳」(「電子
国土ポータルWebシステム」から検索)

【山行】朝日連峰・鳥海山・月山縦走
・第4日:1984年(昭和59)8月2日(水・晴れ)探訪:1984年(昭
和59)7月30日(日)〜8月5日(日)「上野駅・山形駅・小朝日岳・
大朝日岳・以東岳・大鳥池・酒田・月山・鳥海山・鉾立・象潟駅・
上野駅」:東京野歩路会

【参考】
・「角川日本地名大辞典6・山形県」誉田慶恩ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「コンサイス日本山名辞典」(三省堂)1979年(昭和54)
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る