とよだ 時・山岳ゆ-もぁ画(漫画)
山旅漫歩゚【ひとり画通信】

▼076号「丹沢・玄倉・山神峠のシカ」

丹沢湖畔の玄倉集落から雨山橋へ向かうの途中に山神峠があり、「山
神宮」と「水神宮」の石碑がこわれた祠の中にちん座。この間降っ
た雪で、桧洞丸、蛭ヶ岳がまっ白。峠から先は崩壊で通行止め。足
元からキジやヤマドリが飛び立ち、鹿が薮をわけ谷を越えて姿を消
した。

【本文】

神奈川県西丹沢の丹沢湖畔にある玄倉(くろくら)集落は、北と北
東に丹沢山塊の檜洞丸(ひのきぼらまる)、蛭ヶ岳(ひるがたけ)、
丹沢山、塔ヶ岳などの峰が連なる山村。

目前に広がる丹沢湖の誕生とともに五つの地区が水没、玄倉集落も
その一部が湖水の下に沈みました。いま残る地区は山のすそ野に階
段状に家なみがならんでいます。

その玄倉から雨山橋へ向かうの途中に山神峠があり、「山神宮」と
「水神宮」の石碑がこわれたホコラの中にちん座まします。この山
神宮と水神宮はは1769年(明和6)、江戸の回船問屋「紀ノ国屋」
の寄進したものだという。

山ノ神は大山祇神(おおやまつみ)をまつったりしていますが、民
間信仰の山ノ神はいろいろで、あるところでは男神だったり、女神
だったり、十二様という12人の子持ちの神だったり、しまいにはコ
ワ−イおかみさんをもいうようになっています。

4月の初め。この間降った雪で、桧洞丸、蛭ヶ岳がまっ白。峠から
先は崩壊していて通行止め。足元からキジやヤマドリが飛び立つ。
突然ガサガサッ。鹿だ。

人が通らないので安心しきっていたらしく、その驚きようったらあ
りません。薮をわけ、谷を越えて姿を消しました。

▼【データ】
【所在地】
・神奈川県山北町 小田急新松田駅からバス、玄倉停留所下車、さ
らに歩いて2時間で山神峠(さんじんとうげ)。地形図に文字の記
載なし。

【位置】
・緯度経度:北緯35度25分55.17秒、東経139度05分46.8分(国
土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「中川(東京)」(別の図葉名と重ならず)(国
土地理院「地図閲覧サービス」から検索)

【山行】丹沢・山神峠〜檜洞丸縦走
・第1日目:1985年(昭和60)4月2日(火・快晴)探訪:1985年
(昭和60)4月2日(火・快晴)〜3日(水・ガス)「小田急新松
田駅・玄倉・塔ノ平・山神峠・河原・雨山橋・ユーシンロッジ・ド
ンガクの頭・檜洞丸・蛭ヶ岳・姫次・青野原・JR中央本線藤野
駅」:専と同行

【参考文献】
・「かながわの山」植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)
・「角川日本地名大辞典14・神奈川県」伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る