とよだ 時・山旅漫歩゚民俗画
山の伝承【ひとり画通信】

▼073号「丹沢蛭ヶ岳・山頂の祠と鹿」

・【概略】
かつて薬師如来がまつられていたというが、いま山頂にあるのは木
曾の御嶽山の神の祠。ある年のカモシカ山行。朝食をとっていたら
野生の鹿がシキリに食べ物をねだる。生態系?によくないと知らん
ぷりをしていたら、目の前にジャージャー。なんというーッ。
・神奈川県山北町と津久井町との境

【本文】

神奈川県丹沢山塊の最高峰の蛭ヶ岳(ひるがたけ・1673m)は塔ノ
岳方面からでもよく目立つ山です。蛭ヶ岳の広場に立つと富士山や
南アルプスが正面に広がり、野生の鹿がよく顔をのぞかせてくれま
す。

この山にはかつて薬師如来がまつられていたそうです。では蛭ヶ岳
のヒルとは何でしょうか。ノビルなど植物のヒル類からの説。山の
形がお坊さんのかぶる毘廬帽(びるぼう)に似ているという説。

また山伏たちが本尊と仰ぐ大日如来の異名である毘盧舎那仏(びる
しゃなぶつ)から、毘盧(びる)ヶ岳といったものがなまったのだ
ともいわれています。(表尾根に木ノ又大日、新大日が祭られてあ
るので大日の名の重複をさけたらしい)。

さらにヤマヒルがいるからついた名前なのだと諸説ふんぷんとして
います。しかし蛭ヶ岳でヤマヒルに血を吸われるという被害は聞い
たことがないし、植物のヒル類もきわだつほどでもありません。

そんなこんなで宇宙仏といわれる毘留舎那仏説が有力になっている
そうです。そういえば、地元の古老が子供のころは「ピルヶ岳」と
呼んでいたとなにかの本で読んことがありましたが、やはり毘留ヶ
岳がなまったものでしょうか。

毘盧舎那仏とは大仏さまのことだそうです。華厳(けごん)経とい
うお経に説かれていて、お釈迦さまのようにこの世に生まれてくる
のではなく、蓮華蔵(れんげぞう)世界という極楽浄土(ごくじゅ
らくじょうど)におられるという難しい話がものの本に載っていま
した。

ある年の初秋、カモシカ山行(夜通し歩く強行山行)で、夜に大倉
尾根から登り、蛭ヶ岳のホコラの前で朝食をとりました。山の中で
は誰もいじめたりしないので、すっかり人間になれてしまった野生
の鹿がそばに来て、シキリに食べ物をねだります。

生態系?によくないと知らんぷりをしていたら、目の前でジャージ
ャーと放尿の仕返し。なんという態度だーッ。鹿にもなめられるよ
うになってしまったな。

▼【データ】
【山名】・山ヒル説・僧のかぶる毘盧帽子説・毘盧舎那仏を祀って
ある説・植物のヒル類が生えている説などがある。

【所在地】
・神奈川県山北町と神奈川県相模原市(旧津久井郡津久井町)との境。
小田急渋沢駅からバス、大倉から歩いて6時間30分で蛭ヶ岳。写真測
量による標高点(1673m)と蛭ヶ岳山荘と木曽の御嶽大神の祠がある。
地形図に山名と標高点の標高、蛭ヶ岳山荘の記載あり。

【位置】
・標高点:写真測量による標高点(1673m)。【緯度経度】北緯35
度29分10.76秒、東経139度08分20.05秒(国土地理院「電子国
土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「大山(東京)」(国土地理院「地図閲覧サ
ービス」から検索)

【山行】
・第1日:1980年(昭和55)9月14日(日)探訪:1980年(昭和55)
9月14(日)〜15日(月)「渋沢駅・大倉・塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳
(泊)・臼ヶ岳・檜洞丸・犬越路・用木沢・西丹沢自然教室・西丹
沢バス停・新松田駅」

【参考】
・「角川日本地名大辞典14・神奈川県」伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『新日本山岳誌』日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「新編相模国風土記稿」江戸幕府(1830・天保1)編纂の地誌(巻
之121村里部津久井縣巻之6毛利庄):大日本地誌大系23「新編相
模国風土記・5」編集校訂・蘆田伊人(雄山閣)1980年(昭和55)
・「尊仏2号」栗原祥・山田邦昭ほか(さがみの会)1989年(平成
1)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)
・『日本山名事典』徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る