とよだ 時・山の伝承民俗画
山旅イラスト【ひとり画通信】(ひとり画展)

▼059号「東北・飯豊山駅のタクシー」

・【概略】
山都駅前からタクシーで登山口の川入へ。カラオケがガンガンとう
るさい。運転手のカラオケ談義がつづく。サービスのつもりらしい。
「あれっお客さん嫌いなの?」せっかく都会の騒音から逃げて山に
来たのに。川入についてやっと「解放」。長く感じた〜。

▼059号「東北・飯豊山駅のタクシー」

・【本文】
飯豊連峰の主峰飯豊山は「お山」と呼ばれ大昔から修験道の聖地で
す。山頂近くに飯豊山神社(奥社)があって福島県側から大勢の人
が参拝に訪れたといいます。

奥社に対しての里宮本殿は福島県喜多方市山都町(旧耶麻郡山都町)
一ノ木にあります。そのため、三国岳から飯豊本山、御西岳先まで
の約8キロは幅の狭い稜線づたいの細い登山道は福島県の領域にな
っています。

飯豊(いいで)という名は、新潟県側に温泉があり、湯が出るとい
う意味の湯出(ゆいで)がなまったものという説があります。また、
山の形が「飯を豊かに盛った」形からきているという説もあります。

7月末、猪苗代湖も過ぎ喜多方の次、山都というひなびた駅からタ
クシーで登山口の川入の集落へ。タクシーのカラオケがガンガンと
うるさい。「あれっお客さん嫌いなの?」カラオケなしでは夜も明
けぬ様子で運転手のカラオケ談義。

サービスのつもりらしい。せっかく都会の騒音から逃げて山に来た
のに。登山口川入地区についてやっと「解放」。乗っている時間が
長く感じました〜。1985年(昭和60)のことでありました。

▼【データ】
【山名】飯豊山(いいでさん)・飯豊本山(いいでほんざん)・飯出
山・四季山。西斜面の新潟県北蒲原郡内に温泉があり「湯出・ゆい
で」に由来。また山容が飯を盛ったような形に由来(652年「会津
正統記」)。

また「陸奥国風土記」逸文にある飯豊山のように豊岡姫命・飯豊青
尊に由来するなどの説がある。四季山:夏に登ると万年雪やお花畑
があり、さらに風は秋を思わせるように冷たいので信者たちは四季
山といった。

【所在地】
福島県喜多方市山都町(旧耶麻郡山都町)。JR磐越西線山都駅。

【位置】
・山都駅:【緯度経度】北緯37度38分21.18秒、東経139度45分
59.54秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図:「喜多方西部(新潟)」(国土地理院「地図
閲覧サービス」から検索)

【山行】飯豊連峰縦走
・第3日:1985年(昭和60)7月30日(火・晴れ)JR磐越西線山
都駅探訪:1985年(昭和60)7月28日(日)〜8月1日(木)「山都駅
・川入・三国小屋・切合小屋・草履塚・姥権・飯豊山頂・御西・烏
帽子岳・梅花皮(かいらぎ)岳・門内岳・地神山・鉾立峰・えぶり
さし岳(?差岳)・大熊小屋・セガイ沢・大石・越後下関駅」

【参考】
・「角川日本地名大辞典7・福島県」小林清治ほか編(角川書店)1
981年(昭和56)
・「東北の山岳信仰」岩崎敏夫(岩崎美術社)1996年(平成8)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る