とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼056号 「南ア・仙塩尾根女性リーダー」

仙丈ヶ岳からつづく仙塩尾根。マルバダケブキの黄色い花と丸い葉
っぱの陰を登ってくるパーティー。見ると花も恥じらうかわいい女
性がリーダー。30キロ近いキスリングを背にテキパキと指示。あす
の日本は「大女丈夫」。安心して任せられる。ただ恐れ入って道を
ゆずった。

▼056号 「南ア・仙塩尾根女性リーダー」

南アルプス仙丈岳(長野県伊那市と山梨県南アルプス市との境)か
ら南へ三峰岳(みぶだけ)・三伏峠方面につづく仙塩尾根(せんし
おおね)という登山道があります。

ここは展望もなくダラダラとただ長く嫌なところで、一名「バカ尾
根」などと陰口をたたかれます。この尾根に「苳(ふき)の平」と
呼ばれる草地があります。

フキとはいってもマルバダケブキ(丸葉岳蕗)という高山植物の多
年草。葉が丸く大きくフキには似ていますが、高さが1m以上にも
なる野草です。

花も大形で咲くと黄色の花が見事です。それが群生する苳の平は、
暁星平ともいうそうです。暁星平とは、咲き乱れる黄色い花と形が
明けの明星に似ているからだといいます。

8月も旧盆のころ、仙丈ヶ岳からジメジメした仙塩尾根を歩いてい
ました。蒸し暑く汗がTシャツを通して流れてきます。いい加減飽
きたころ、苳の平につきました。

花がいまが真っ盛りでした。黄色い花と丸い葉っぱの陰を登ってく
るパーティーに出会いました。「○○クン、そこの曲がった所で一
本たてるわヨ」。「はい」とトップの男の子。

一本立てるとは、昔大荷物を背負ったボッカが立ったまま休むため
に腰に杖を当てて休んだことから、小休止の意味で使われます。見
ると花も恥じらうようなかわいい女性。

30キロ近いキスリングを背負いテキパキと指示しています。女性は
かくの如く立派に成長し男性は影が薄くなるばかり。こちらは「花
に恥じらう」中高年パーティ。

あすの日本は「大女丈夫」。安心して任せられるに違いないに違い
ない。ただ恐れ入って道をゆずり、再び陰気な樹林帯の中へ入って
いったのでありました。

▼【データ】
【地名】仙塩尾根・バカ尾根・苳ノ平・暁星平(咲き乱れる黄色い
花と形が明けの明星に似ているから)

【所在地】
・山梨県南アルプス市芦安(旧山梨県中巨摩郡芦安村)と長野県伊
那市長谷(旧上伊那郡長谷村)との境。JR飯田線伊那北駅からバ
スで戸台下車、さらに歩いて延べ12時間30分で苳の平。地形図に
「苳ノ平」の地名のみ記載。

【位置】
・苳の平:【緯度経度】北緯35度41分42.88秒、東経138度11分
38.78秒(国土地理院「電子国土ポータルWebシステム」から検索)

【地図】
・2万5千分の1地形図「仙丈ヶ岳(甲府)」(国土地理院「地図閲
覧サービス」から検索)

【山行】南ア・仙丈ヶ岳・三峰岳・蝙蝠岳・塩見岳・三伏峠縦走

第3日:1986年(昭和61)8月15日仙塩尾根苳の平探訪:1986年(昭
和61)8月13日〜17日「新宿駅・甲府駅・広河原バス停・北沢峠・
仙丈ヶ岳・仙塩尾根・熊ノ平・蝙蝠岳・塩見岳・三伏峠・塩川小屋
・伊那大島駅・辰野駅・新宿駅」

【参考】
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「信州山岳百科・2」(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・「山の用語なんでも事典」(山と渓谷社)1984年(昭和59)
・「牧野新日本植物図鑑」牧野富太郎(北隆館)1974年(昭和49)
・「世界の植物・1」(朝日新聞社)1975年(昭和50)
・「植物の世界・1」(朝日新聞社)1996年(平成8)

山岳漫画・ゆ-もぁイラスト・画文ライター
【とよだ 時】ゆ-もぁ-と事務所

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る