とよだ 時・山の伝承民俗画
山旅イラスト【ひとり画通信】(ひとり画展)

▼039号「房総・鴨川市引越の百地蔵」

【前文】
千葉県鴨川市金束地区に引越というめずらしい名の集落がありま
す。ここの石塔は地蔵さまが正面に6体、両側面に2体ずつ計10体。
それが10塔で合わせて「百地蔵」とはこれもメズラシイ。
このあたりはまだ犬を放し飼い。5、6匹、群れをなしありがたー
く歓迎。地蔵さまの陰に隠れるまで騒いでくれた。

▼039号「房総・鴨川市引越の百地蔵」

JR内房線上総湊(かずさみなと)駅からバスで40分、引越(ひっ
こし)というめずらしい名前の地区があります。バス停わきの大き
なグミの木が目印の道を右へしばらく歩いていきます。

突然、道ばたにズラリとならんだお地蔵さまを掘った石塔が目に入
ってきます。石塔の正面側に6体、両側面に2体ずつ計10体。それ
が10塔建っていて、合わせて100体。「百地蔵」とはまたメズラシイ。

4月、鋸山から東へ尾根づたいに縦走しました。ヤブ山の中で1泊
します。翌日、三郡山をめざすため、引越地区に入りました。この
あたりはまだ犬を放し飼いにしています。

大きなヤツが5、6匹、群れをなしてワンワンとありがたーい歓迎
をしてくれます。地蔵さまの陰にみえなくなるまで騒いでくれまし
た。

ついでながら三郡山は展望のきかない林の中のただのピーク。かつ
てはなんてこともないヤブ山歩きの通過場所でしたが、最近の山歩
きブームで県外からもアウトドア姿の人たちが訪れるようになって
いるということです。時代ですねえ。

▼【データ】
【所在地】
・千葉県鴨川市金束 JR内房線上総駅からバス40分引越下車、
歩いて15分で百地蔵。地形図になにも記載なし。

【位置】
・百地蔵:北緯35度09分03.16秒,東経139度56分44.1秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「金束(横須賀)」

【山行】房総・鋸山・水仙ピーク・三郡山
・第2日:1984年(昭和59)4月22日(日)房総百地蔵探訪:1984
年(昭和59)4月21日(土)、22日(日)「浜金谷駅・鋸山一等三角点
・採石場・切通し・水仙ピーク・ピーク315・保田見峠・七ツ沢分
岐(幕営)・牛ヶ塚・ピーク261・群境分岐・なか沼・引越百地蔵・
松節分岐・切通し・関豊」:単独行

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る