とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼021号「谷川岳肩の小屋の谷川薬師」

谷川岳肩の小屋の裏には谷川薬師の祠がまつられています。かつて
谷川岳は薬師岳と呼ばれ薬師信仰が盛んだったという。いまでもト
マの耳に薬師如来が祀られています。薬師如来は病気を治してくれ
る仏さまで、その名の通り薬つぼを持っています。

▼021号「谷川岳肩の小屋の谷川薬師」

もう、ン!十年も前の谷川岳肩の小屋の話です。小屋の裏には祠が
あって祭ってあるのは谷川薬師だといいます。かつて谷川岳は薬師
岳と呼ばれ薬師信仰が盛んだったそうです。

いまでもトマの耳に薬師如来が祀られているという。薬師如来は呪
文を唱えると病気を治してくれるとされる、その名の通り薬つぼを
持っている仏さまです。

10月の連休、肩の小屋は押すな押すなの大混雑でした。やっと頼み
こんで土間のすみにゴザを敷きました。午後7時ごろ3人の若者が
とびこんできました。

今朝、水上から歩き出し、道に迷って10数時間、飲まず食わずで冷
雨の中をさまよったという。小屋の明かりを見たときは幻覚かと覚
悟を決めたと話します。

即席ラーメンを3つずつ、息もつかずにたいらげます。命が助かっ
た。体も温まった。とたんにふもとの土合駅で待ち合わせいる仲間
への言い訳けの相談をはじめました。

子供づれのわが家は、コンロを出し焼き肉をはじめました。まわり
はせいぜい即席のラーメン。

ぷ〜んとただよう匂いで、周囲の視線がいっせいにこちらを向きま
す。その目立つこと。それかあらぬか山小屋わきの物置のような部
屋に引っ越しさせられました。

▼【データ】
【所在地】
・群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町との境。JR上
越線土合駅から20分ロープウエイ天神平から3時間で肩の小屋。地
形図に肩の小屋の文字と建物記号の記載あり。

【位置】
・肩の小屋:北緯36度49分58.74秒、東経138度55分46.75秒

【地図】
・2万5千分の1地形図「茂倉岳(高田)」or「水上(高田)」(2図
葉名と重なる)(国土地理院「地図閲覧サービス」から検索)

【山行】谷川岳・巌剛新道・茂倉岳・蓬峠
・第1日:・1981年(昭和56)10月10日(土)谷川岳肩の小屋探訪
:1981年(昭和56)10月10日(土)〜11日(土)「土合駅・・巌剛新
道入り口・西黒尾根ガレ沢の頭・肩の小屋(泊)・谷川岳・一ノ倉
岳・茂倉岳・蓬峠・土樽駅」:ファミリー山行

【参考】
・「新日本山岳誌」日本山岳会(ナカニシヤ出版)2005年(平成17)
・「日本山名事典」徳久球雄ほか(三省堂)2004年(平成16)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよた 時】

………………………………………………………………………………………………
山旅イラスト【ひとり画通信】
題名一覧へ戻る