とよだ 時 「山の伝承伝説」民俗画
山旅イラスト通信【ひとり画展】

▼002号 房総・高宕山観音の天狗面

九十九谷が一望できる高宕山。直下の観音堂のあるところは源頼
朝が武運長久を祈願したところ。下界は正月の準備であわただし
い大みそか。観音堂の日だまりはまるで別世界。静かな境内に岩
肌からしたたる水の音だけが響いていました。

▼002号「房総・高宕山観音の天狗面」

九十九谷(くじゅうくたに)が一望できる房総半島のほぼ中央にあ
る(君津市と富津市との境)高宕山(たかごやま)。315mと標高は
低いですが西は富士山・東京湾、東は太平洋九十九里(くじゅうく
り)方面の山なみなど360度の展望です。

高宕山とは、高くて洞(ほら)のある山の意味だという。そういえ
ば山頂直下には深くえぐられた洞窟があって、もぐり込むように観
音堂が建っています。

観音堂にはちょっと変わった感じの天狗面が飾ってあります。一説
には高宕山の名から似通った名前の、京都の天狗で有名な愛宕山と
関係がある山だともいう。

時は平安末期の治承(じしょう)4年(1180)、以仁王(もちひとおう)の
令旨に応じて伊豆で兵を挙げた源頼朝は、相模に向かおう
とする途中、石橋山(小田原市の南部石橋地区にある箱根外輪山の
ひとつ、255m)の戦いに敗れます。

倒木の洞に隠れ、九死に一生を得た頼朝は、安房(あわ)の国(房
総半島南部)に逃れ(東方東京湾沿いの鋸南町には頼朝上陸地の碑
もあります)、再挙を図るため高宕山の肩にある岩壁(いまの観音
堂のあるところ)にこもり、一寸八分の黄金の観音像を刻み、源氏
の再興と武運長久を祈ったという。

のち念願がかない、鎌倉に幕府を開くと、その仏像を観音堂に寄進
したといわれます。いまでもその像は富津市田原にある満福寺とい
うお寺に奉納されているという。

きょう下界は正月の準備であわただしい大みそか。家族連れで、山
の中のテントで正月を迎えようと出かけました。ザックの中の正月
料理が重い。

観音堂の日だまりはまるで別世界。ここは遊歩道にもなっていて、
近ごろの子供は勇気があるのかヘビを見たことがないのか妙な立て
札が建っています。静かな境内に岩肌からしたたる水の音だけが響
いていました。

★高宕観音堂【データ】
・【所在地】
・千葉県富津市と君津市との境。内房線上総湊駅の北東5キロ。J
R内房線木更津駅からバス宿原下車、歩いて1時間45分で高宕観音。
地形図上には山名と建物記号のみ記載。山頂は観音堂より南東方向
直線約480mにある。

・【位置】
・【高宕観音】北緯35度12分1.6秒、東経139度59分26.8秒

・【地図】
・2万5千分の1地形図「鬼泪山(横須賀)」。5万分の1地形図「横
須賀−富津」

【山行】房総の山高宕山・三郡山・安房高山・金山ダム縦走
・第1日:1983年(昭和57)12月31日(金)房総高宕山:1983年(昭
和57)12月31日〜1月2日「上総湊駅・宇籐原・石射太郎山・高宕
山・愛宕神社・安房高山・柚の木林道・鴨川第一トンネル・金山ダ
ム・鴨川駅・勝浦駅」:ファミリー山行

【参考】
・「角川日本地名大辞典12・千葉」(角川書店)1991年(平成3)
・「日本山岳ルーツ大辞典」村石利夫(竹書房)1997年(平成9)

山と田園の画文ライター
イラストレーター・漫画家
【とよだ 時】

山旅イラスト【ひとり画文通信】
題名一覧へ戻る
………………………………………………………………………………………………
トップページ「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/