とよた 時・山旅イラスト通信【旧・ひとり画展】 

………………………………………………

▼このページの目次

181 富士山・聖徳太子と黒駒の伝説の碑
182 秩父・秩父御岳山と普寛行者
183 吾妻連峰・一切経山
184 中ア・木曽駒ヶ岳濃ヶ池のホコラ
185 南ア・鳳凰三山地蔵岳のオベリスク
186 東北・吾妻連峰人形石の赤ちゃん
187 東北・飯豊山の飯豊山神社
188 東北・会津磐梯山山頂の祠
189 北ア・立山の天狗伝説
190 箱根・金時山の公時伝説

……………………………………………………………

■181号「 富士山・聖徳太子と黒駒の伝説の碑」

【概略】
「聖徳太子絵伝」などにある聖徳太子と富士山に関わる伝説。旧登
山道の富士山五合目佐藤小屋上の経ヶ岳、八角堂わきに聖徳太子と
黒駒の碑がならんでいる。それには推古天皇六戌午年、秋九月…の
文字が彫られ、黒駒の碑も建てられており、静かな中に花が供えら
れてあった。

……………………………………………………………

■182号 「秩父・秩父御岳山と普寛行者」

【概略】
秩父御岳山は長野県の木曽御嶽にちなんだ山名で、山ろくの落合集
落出身の修験者普寛行者によって開かれたという。そのため、山頂
に普寛神社奥の院があり、普寛行者をまつってあります。普寛行者
は御岳山大滝口を開いた修験者だ。
・埼玉県秩父市と小鹿野町との境

……………………………………………………………

■183号 「吾妻連峰・一切経山」

【概略】
「大笹生邨(そん)蓮光寺開山勇猛法師法華経を一字一石に書き写
し、蜂上に埋め塚を築きしなり」と江戸時代の郷土誌『信達一統志』
にある。この勇猛法師こそ衣川関で八幡太郎義家と戦い、のち仏門
に入り一切経の経本千巻を山頂に埋めたという安倍貞任のことか。
・福島県福島市と猪苗代町との境

……………………………………………………………

■184号 「中ア・木曽駒ヶ岳濃ヶ池のホコラ」

【概略】
木曽駒ヶ岳北東尾根のカールにある濃ヶ池。昔から濃ヶ池の水は毒
水で池にはヌシの竜が住むとか、また大声を出すと山が荒れるいわ
れ、恐れられてきた。何年か前、池のほとりでテントを張った。流
水で水割りをつくり飲んだが、毒でないのかいまだびまだ生きてい
る。
・長野県宮田村。

……………………………………………………………

▼185号 「南ア・鳳凰三山地蔵岳のオベリスク」

地蔵岳岩峰の下の賽の河原には地蔵の石仏がたくさんならぶ。子ど
もが欲しい人は、この地蔵を1体借りて家にまつると授かるといわ
れていう。また願いが通じるとお礼に2体を返す風習があり、一時
は数百体の石仏がならんだこともあったそうです。
・山梨県韮崎市、南アルプス市、武川村の境

……………………………………………………………

▼186号 「東北・吾妻連峰人形石の赤ちゃん」

【概略】
西吾妻山北東の人形石で本格的な雪になった。突然、雨具もつけな
い軽装の赤ちゃんを連れの3人が現れた。にこにこしながら「お気
をつけて」とやけに元気だ。寒さで泣きっぱなしの赤ちゃん。無事
だったかニュースがしばらく気になった。
・福島県北塩原村と山形県米沢市との境

……………………………………………………………

▼187号「東北・飯豊山の飯豊山神社」

【概略】
飯豊山は役ノ行者らが開山、五社権現をまつった。明治時代、廃仏
棄釈の嵐が吹き荒れ権現社も焼き討ちにもされかねない。そこでい
ち早く飯豊山神社と改名、祭神も御井命などに改めた。いま頂上本
社と山ろく各地の祭神名がちぐはぐなのはその時のあわてぶりを示
している。
・福島県山都町

……………………………………………………………

▼188号 「東北・会津磐梯山山頂の祠」

【概略】
昔この山には手長・足長という怪物が棲んでいて、暴れるワ、悪さ
をするワの悪行。そんな時空海かやってきて法力を使い怪物を石の
箱に入れて蓋をし、山頂に埋め磐梯明神として祭ったという。いま
も山頂の石の間で風雪にさらされています。
・福島県猪苗代町と磐梯町、北塩原村との境

……………………………………………………………

▼189号 「北ア・立山の天狗伝説」

【概略】
立山には昔から不敬、慢心の登山者には天狗・縄乗坊が怒って石を
投げるという、いいつたえがある。しかし今はシ−ズンになると押
すな押すなの物見遊山客。そんなありさまにあきれたのか最近はさ
っぱり現れないという。
・富山県立山町

……………………………………………………………

▼190号 「箱根・金時山の公時伝説」

【概略】
山姥が赤竜と交わった夢を見てできたの金太郎。源頼光に出だされ、
36歳の時酒呑童子退治など武勇をふるった。主人頼光死後は行方を
くらませたままという。そんな金時も初めて乗った牛車にすっかり
酔いつぶれた話が『今昔物語』出てくる。
・神奈川県南足柄市、箱根町、静岡県小山町との境

 

 

 

【ひとり画展】【目次】
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ