とよた 時・山旅イラスト通信
【旧・ひとり画展】(081〜090)

………………………………………………

▼このページの目次

081 北ア・剱岳三ノ窓のガイド
082 奥日光・金精峠の金精さま
083 富士山・八合目での財布紛失
084 東北・朝日連峰銀玉水
085 北ア・五竜岳のテント停滞
086 北ア・薬師岳のライチョウ
087 北ア・白馬大池の高山植物
088 南ア・蝙蝠岳のお花畑
089 丹沢・塔ノ岳の尊仏岩
090 富士山・母親喜寿記念登山

……………………………………………………………

▼081号「北ア・剱岳三ノ窓のガイド」

【概略】
♪剣見るなら赤谷尾根でヨ、大窓小窓にネ、三ノ窓ヨカネ、と歌われる
「剱岳の歌」。八ツ峰のピークににも人の影。池ノ谷の乗越から砂地のガ
リーを下り、三ノ窓のおり立つ。鼻がつかえる小窓の王の岩壁から2つの
影があらわれた。かなりなとお年女性とガイドだった。
・富山県立山町と上市町との境

……………………………………………………………

▼082号 「奥日光・金精峠の金精さま」

・【概略】
栃木県奥日光の湯ノ湖から群馬県沼田市へ抜ける金精峠。峠から40
分ほど山道を登るとお堂の形の金精権現の社があります。金精サマ
は金勢、金生とも書き、縁結びの神であり、妊娠、出産、婦人病な
どに霊験あらたかな神。金精神の社や祠は全国的に見られますが、
とくに東北地方に多い神サマだということです。
・栃木県日光市と群馬県片品村との境

……………………………………………………………

▼083号「富士山・八合目での財布紛失」

・【概略】
シーズン中の富士山。吉田口八合目の小屋前のベンチは満員。頂上
の売店で土産を買おうとしたが財布がない。さては八合目でジュー
スを買ったとき…。同行者の協力で何とか家路についたが、中に入
っている健康保険証を悪用されないかとしばらくの間心配した。
・山梨県と静岡県との境

……………………………………………………………

▼084号 「東北・朝日連峰銀玉水」

・【概略】
大朝日岳の清水は味がよいと聞きます。とりわけ銀玉水はうまいと
評判。7月末、あまりの暑さにへばり気味。鞍部におりてまた登り
はじめたところに銀玉水はありました。コップに水をなみなみとつ
ぎます。のどを通った冷たい水は五臓六腑にしみていった。
・山形県西川町・大江町・朝日町との境

……………………………………………………………

▼085号 「北ア・五竜岳のテント停滞」

・【概略】
5匹の竜とはすごい名前だがこれはただの当て字。7月、五竜小屋
は大風雨で停滞ときめた。前線が行ったりきたりでテントの中を雨
水が流れる。3日目の夕方、突然ウソのように雲が切れた。雲海に
沈む夕日。五竜の上の月。なんとも印象的でありました。
・長野県大町市と富山県宇奈月町との境

……………………………………………………………

▼086号 「北ア・薬師岳のライチョウ」

・【概略】
薬師岳は麓の有峰ダムに沈んだ有峰集落の人たちが開いた山。いま
でも祭りの時奉納されたブリキの剣が祠の前に散乱しています。7
月、ハイマツの中からライチョウのひながトコトコ…。親鳥が人間
を近づけまいとさえぎっています。遠くで登山者が打つ祠の鐘が鳴
っていました。
・富山県富山市

……………………………………………………………

▼087号 「北ア・白馬大池の高山植物」

白馬岳の北東にある白馬大池のキャンプ場でテントをたたみ出発。
高山植物が短かい夏を惜しんで咲いている。登山者1人1人に声を
かける人がいる。山小屋の人らしい。「どうぞ、かわいい花たちを
見てやって下さい」。自分の子供たちを自慢しているようだ。

・長野県小谷村。

……………………………………………………………

▼088号 「南ア・蝙蝠岳のお花畑」

・【概略】
雨の降りはじめた8月半ば、塩見岳への縦走路から蝙蝠岳に向かう
白砂の登山道はザック、ザックと音をたてかけ出したくなる。途中
見事なお花畑。花々で腰までうまるなかの斜面を下る。山頂には標
識だけがポツン。ガスの中、荒川三山どころか塩見岳さえ姿を見せ
なかった。
・静岡県静岡市

……………………………………………………………

▼089号 「丹沢・塔ノ岳の尊仏岩」

・【概略】
塔ノ岳には昔、山頂北側に、仏像に似た大岩・尊仏岩があった。し
かし、1924年(大正13)の関東大震災の余震で北西側直下の大金沢
にくずれ落ちた。ここには狗留尊仏がまつられていた。いまはコケ
むした仏像とコイワザクラが訪れるのを待っている。
・神奈川県秦野市と山北町、清川村との境

……………………………………………………………

▼090号 「富士山・母親喜寿記念登山」

・【概略】
喜寿をむかえるおふくろサマに、がらにもなくお祝いの富士山行を
誘った。ご来光もバッチリ。最高点の碑をバックに記念撮影。家に
帰り、フィルムをだそうと…「あっだれだ。空のカメラなんかもっ
ていったヤツはッ!」。こんな私ができたたった一つの親孝行だっ
た。・山梨県と静岡県との境

 

【ひとり画展】【目次】
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ