とよた 時・山旅イラスト通信
【旧・ひとり画展】 (041〜050号)

………………………………………………

▼このページの目次

041 丹沢・旧ヤビツ峠の餓鬼道
042 北ア・槍ヶ岳北鎌尾根の独標
043 朝日連峰以東岳の避難小屋
044 北ア・蝶ヶ岳缶ビールの手洗い
045 奥多摩高水三山・惣岳山青渭神社
046 房総・元清澄山の地蔵峠
047 奥多摩石尾根・山小屋のブランコ
048 戸隠・乙妻山頂のホコラ
049 奥秩父・雁峠親子の用足し
050 南ア・大沢岳百間洞山ノ家の病人

……………………………………………………………

▼041号「丹沢・旧ヤビツ峠の餓鬼道」

・【概略】
丹沢のヤビツ峠からほどないところにある旧ヤビツ峠は、かつて餓
鬼道と呼ばれていたといいます。このあたりはかつては武田信玄と
小田原の北条氏康との激戦の場でした。
ここにはその時の戦いで腹をすかしながら死んでいった武士たちの
亡霊がさまよっているといいます。その後、この峠にさしかかると
空腹になるという不思議な現象が相次ぎました。
そこでいつのころからか、自分の食糧を餓鬼たちに与えるような風
習が生まれたということです。
・神奈川県秦野市

……………………………………………………………

▼042号 「北ア・槍ヶ岳北鎌尾根の独標」

・【概略】
西へ西鎌尾根、東へ東鎌尾根、南に穂高への稜線。北に岩稜が続く
北鎌尾根。槍ヶ岳は尾根の十字路になっています。
5月の連休直前の北鎌尾根はただ一面白銀の世界でした。独標で3
日、3回目の幕営です。
イワヒバリが鳴きながら雪に出ている岩をつたわって食べ物をねだ
りによってきます。まわりは何の気配もない、まるで地獄のような
世界。生き物の気配はただお前だけだよ。
・長野県大町市

……………………………………………………………

▼043号「朝日連峰以東岳の避難小屋」

・【概略】
東北朝日連峰・以東岳の山腹にはコウモリ傘をひろげたような大鳥
池が、静かに水をたたえているのが見えます。
怪魚タキタロウ伝説のある池です。頂上直下の避難小屋。中は暗い
ため小屋の前の広場でテントを張りました。
日本海に夕陽が沈み、まばゆい星空の下、イカ漁でしょうかイサリ
火がやけに光っていました。
・山形県鶴岡市

……………………………………………………………

▼044号「北ア・蝶ヶ岳缶ビールの手洗い」

・【概略】
蝶の形の残雪が出るその名も北アルプスの蝶ヶ岳。穂高などのゴツ
ゴツ岩場と違い、やさしくゆったりムードで草原にねころびます。
山小屋は水場がなく天水だけが頼りです。
突然うしろで「もったいな−い」との声がしました。ふりかえると、
泥だらけの手をカンビールで洗っています。山ではビールより水の
方が大切な時もあるんですねえ。
・長野県松本市

……………………………………………………………

▼045号 「奥多摩高水三山・惣岳山青渭神社」

・【概略】
奥多摩高水三山の惣岳山頂にある青渭神社は大国主命をまつってあ
り、ふもとの横尾子地区に拝殿があります。延喜式内社というから、
平安時代から続く格式のある神社らしい。
1月、青渭神社の前で大休止としました。コンロを出してお茶をわ
かします。快晴の上天気。日溜まりはすわる場所を太陽の動きに合
わせ移動するほど暑い陽気でした。
・東京都青梅市と東京都西多摩郡奥多摩町との境

……………………………………………………………

▼046号 「房総・元清澄山の地蔵峠」

・【概略】
千葉県君津市にある地蔵峠は、元清澄山・三石山・郷台畑方面への
三叉路になっています。ここはもともと名無しの峠だったという。
いつのころか、群馬県出身の某氏がふるさとの地蔵峠に似ていると
いうので、イタズラ半分に書いたものという。
それがいつの間にか立派な道標まで出来てしまったと聞いていま
す。そのうちお地蔵さんでも建つかも知れませんね。
・千葉県君津市

……………………………………………………………

▼047号 「奥多摩石尾根のブランコ」

・【概略】
雲取山山頂から東南にのびる石尾根は、展望もよくJR奥多摩駅ま
で歩けます。七ッ石山手前の奥多摩小屋前は景色もよく、のんびり
とくつろげて絶好の休憩所です。小屋の前には以前はブランコがあ
りました。休んでいるとそばで登山者と無愛想な雪道整備の人との
言い争いがはじまっていました。なにもこんなところでけんかしなくて
も。遠くで富士山苦笑いしていました。
・東京都西多摩郡奥多摩町

……………………………………………………………

▼048号 「戸隠・乙妻山頂のホコラ」

・【概略】
北信に連なる乙妻山・高妻山は戸隠連峰の陰になるので昔は戸隠
裏山といったといいます。表山は戸隠山のことで、行者たちの修行の
場だったそうです。乙妻山、高妻山の「妻」は切り妻と同じ屋根のこと
だという。高とは甲のことで、乙は高(甲)に一歩ゆずった乙などだそ
うです。つまり乙妻山は2番目の屋根形をした山なのだそうです。
・長野県長野市と新潟県妙高市との境

……………………………………………………………

▼049号「奥秩父・雁峠親子の用足し」

・【概略】
昔は、武州から甲州に抜ける道が重要な交通路だったという雁峠。
眺望がよく、ササ原の向こうに富士山が大きい。小用をもよおしま
した。いつの間にか小学4年生の息子が横にならんでしています。
後ろで6年生の娘が二人に向かってカメラのシャッターを切ってい
ます。ウン、わが家はうまくいってるワイ。その写真をいまも大事
にしています。
・山梨県山梨市と埼玉県秩父市との境

……………………………………………………………

▼050号 「南ア・大沢岳百間洞山ノ家の病人」

・【概略】
南アルプスの中心部百間洞山の家。朝、小屋のオヤジが頭をかかえ
ています。客に腎臓の発作の人がいて、そ寝たままというのです。
ヘリを頼むかというと首を振ります。結局6時間余かけてタクシー
が入る林道終点まで歩いていったとあとで聞きました。
・長野県飯田市と静岡県静岡市との境

 

 

【ひとり画通信】【目次】
………………………………………………………………………
Top【峠と花と地蔵さんと…】のホームページへ