『新・丹沢山ものがたり』CD本(加筆版)
第10章「臼ヶ岳−檜洞丸」

…………………………………

▼04檜洞丸でブロッケンを見た

【略文】
熊笹ノ峰から大笄を過ぎた辺り。相模側は晴れて太陽が出ている。
歩く姿が立ちこめたガスに写り金色の輪ができた次の瞬間はっきり
した大きなブロッケンがあらわれた。丹沢で、しかも3、4mの近
さ。2000年11月4日10時15分から数分間のことだった。
・神奈川県山北町と相模原市の境

…………………………………

…………………………………

▼04檜洞丸でブロッケンを見た

【本文】
 西丹沢の檜洞丸は、神奈川県山北町と同県相模原市の境にあり、
どっしりと落ちついた山容を誇っています。山頂は広場になってい
て、直下に青ヶ岳山荘があります。


 ブナの原生林におおわれ、展望はききませんが、木道の上から美
しいバイケイソウやマルバダケブキの群落が目を楽しませてくれ、
季節にはツツジの花も美しく咲いてくれます。


 檜洞丸の名は、洞穴のある大きな桧の木が生えている丸い山だか
らということになっています。しかし、洞とは沢のことで、丸は古
代朝鮮の言葉「マウル」のことで意味は山の意味だという。


 だから檜洞丸とは、「沢にヒノキの生えている山」だと解説して
います。なるほど山頂付近にはヒノキなんぞは1本もなく、うろの
あるシナノキばかり…。


 檜洞丸は山頂が広場になり、ブナの原生林におおわれています。
ところで、吉田喜代治氏の『丹沢』では、「檜洞丸」として、江戸
時代に編纂された『新編相模国風土記稿』の(巻之百二十)村里部
津久井県第五巻の内容を引用しています。


 それには「○袖平峯 麓より頂に至る凡三里半に余れり、山上に
大室権現を祀る、当村にて最も高き山なれば青根山とも呼、仲夏五
月にあらざれば宿雪消盡くせずと云ふ」とあります。


 この場合の袖平峯は、姫次近くの「袖平山」のことではなく、檜
洞丸のことでしょうか、またこの辺一帯をそう呼んだのでしょうか。


 ある年の11月初旬、西丹沢県民の森で野宿訓練を計画しました。
その前日知人の車で、丹沢湖玄倉から林道を通り、トイレ先に駐車。
登山口から紅葉通り分岐を経て、石棚山から檜洞丸経由犬越路方面
に向かいました。


 熊笹ノ峰から大笄(おおこうげ)を過ぎた辺りから神ノ川側に猛
烈なガスが湧いてきました。相模側は晴れて太陽が出ています。歩
く姿が立ちこめたガスに写ります。


 すると間もなく、金色の輪ができた次の瞬間、「あ、ブロッケン
だ」。ガスがたちこめた林の中に、紛れもなくはっきりした大きな
光の輪です。


 すかさず、北アルプスなどでやるように、手を挙げて振りました。
へ〜、こんなところで、丹沢の、しかも3、4mの近さ。気を取り
なおし、歩きはじめ、再び振り返ったときにはもう消えていました。
2000年(平成12)11月4日10時15分から数分間のことでした。



▼檜洞丸【データ】
【山名】
・【異名、由来】:檜洞(洞は沢の意)の奥にそびえているから檜洞
丸。北側の神ノ川方面では青ヶ岳または彦右衛門の頭と呼ぶ。神ノ
川はカモシカが多く、カモシカのことをアオといい、青ヶ岳はそこ
からきている。南側の中川方面では本棚裏と呼ぶ。
【所在地】
・神奈川県足柄上郡山北町と神奈川県相模原市(旧津久井郡津久井
町)の境。御殿場線山北駅の北13キロ。小田急新松田駅からバス・
西丹沢から歩いて3時間で檜洞丸。山頂最高ピークより北西に写真
測量による標高点(1151m)がある。地形図に山名と標高点の標高
・青ヶ岳山荘の記載あり。
【位置】
・檜洞丸最高点:北緯35度28分44.02秒、東経139度6分9.85秒
・標高点:北緯35度28分47.9秒、東経139度6分4.7秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「中川(東京)」



▼【参考文献】
・『角川日本地名大辞典14・神奈川県』伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『かながわの山』植木知司(神奈川合同出版)1981年(昭和56)
・『新編相模国風土記稿・第五巻』蘆田伊人校訂(雄山閣)1980年
(昭和55)(大日本地誌大系23)
・「尊仏2号」栗原祥・山田邦昭ほか(さがみの会)1989年(平成
1)
・『丹沢記』吉田喜久治(岳(ヌプリ)書房)1983年(昭和58)

 

…………………………………

 

 

【とよだ 時】 山の画文著作
………………………………
【ゆ-もぁ-と】制作処
山のはがき画の会

目次へ戻る
………………………………………………………………………………………………………