『新・丹沢山ものがたり』CD本(加筆版)
第1章「大山と大山三ッ峰周辺」

…………………………………

▼04:大山石尊の石はどこにある

【略文】
丹沢大山の石尊大権現の本尊は文字どおり石であるという。それ
は大山山頂にあるというのですがどこにあるのか見たことがあり
ません。それもそのはず、山頂の本宮の建物の床下にあるという
のです。白布で巻かれた自然石で、宮司以外は見ることは厳禁に
なっているという。
・神奈川県伊勢原市

▼04:大山石尊の石はどこにある

【本文】
 神奈川県丹沢にある大山(相模大山)は、昔からの信仰の山。
落語の題材「大山まいり」にも登場する名山です。雨降山、阿夫
利山(あふりやま・あぶりやま)、国御山(くにみやま)、大福山(だ
いふくさん)、如意山、阿倍利山などの異名もあります。明治の神
仏分離以前は、いまの阿夫利神社上社のある山頂には石尊社(せ
きそんしゃ)が、下社のある中腹には大山寺不動堂があり、この
2ヶ所が大山信仰の中心となっていました。


 大山寺は雨降山大山寺といい本社は石尊社といいます。「石尊社
 當山の本宮にして山頂にあり……」と『新編相模風土記稿』に
もあるように、大山山頂にあります。その大山石尊(せきそん)
大権現の本尊は文字どおり石であるという。この石は自然の大石
で、山頂の本宮の建物が本尊を覆うように建っているという。そ
の形は円形とも陽石ともいわれています。


 それはなぜか白布で巻かれ、宮司以外は見ることは厳禁になっ
ているという。1873年(明治6)、神仏分離令が発令されてからは、
廃仏棄釈という風潮が巻き起こり、神道関係の暴徒たちによって、
各地の仏像やお寺が破壊され続けました。いまでもあちこちに頭
のない仏像が見かけられるのはその名残です。


 そんななか、相模大山の石尊は権現ですが仏ではなく、神だい
うことになり破壊から免れて山頂に残すことができました。しか
し、その本尊がなぜ布に巻かれているのかいろいろと憶測されて
います。一説に、その自然石には仏教の梵字が刻まれているので
はないかというのです。それが発覚すれば仏ということになって、
すぐに壊されてしまいます。


 そこで本尊の自然石に布を巻いて梵字を隠しているのではない
かというのです。小田急電鉄元旅客課長で丹沢山塊研究家の根本
行道氏が、目黒宮司から聞いた話が「あしなか第77輯」(山村民
俗の会)1962年(昭和37)に載っています。


 「先年本宮を修復した時、確かに自然石を見た」というのです。
それによると「最初に白布を巻いたのは1875年(明治8)だという。
山火事で本宮が消失してご神体が露呈し、雨露にかかり、また衆
人の目にさらされるのを防ぐためと聞いている。先年本宮を大修
復した時に白布で巻いた。


 ご神体は白布で巻いた自然石で真っ黒な巨岩だった。大きさは
8畳くらいで表面は崩れやすくボロボロになっており、梵字が彫
ってあるのかも判別できないほど。本宮の内陣の中央に蘆(ろ)
を切ったようにあけた大穴があり、そこからご神体の自然石の頭
部が出ている」。


 また修復の時、宮司と同席した宮司の息子の修一氏が「床に立
った高さより2、3寸高かったようだ」という。すると修一氏の
身長(5尺2、3寸らしい)より1寸の高さ(1尺は約303.030mm。
1寸は約30.303 mmとして)を計算すると、床から上の大山石尊
の高さ5尺4寸は1.63627mで約1.64mくらいらしい。

 しかし土に埋まっている部分がどのくらいあるものでしょうか。
もし自然石に梵字があったとしても、何回もの火事で表面が焼か
れ、真っ黒になってボロボロになったいまでは、全くの謎になっ
てしまっているとのこと。謎のご神体は謎のままで残しておく方
がいいのかも知れませんね。



▼大山【データ】
【山名】雨降山・阿夫利山(あふりやま・あぶりやま)、国御山(く
にみやま)、大福山(だいふくさん)、如意山・阿倍利山
【所在地】
・神奈川県伊勢原市と厚木市・秦野市との境。小田急小田原線伊
勢原駅の北6キロ。小田急伊勢原駅からバス、大山ケーブル駅か
らケーブル利用下社駅下車、さらに歩いて1時間30分で丹沢大山。
三等三角点(1251.7m、現地確認)と写真測量による標高点(1252
m・標石はない)と阿夫利神社奥社と電波塔がある。地形図に山名
と三角点の標高、標高点の標高、阿夫利神社の建物の記号と電波塔
の記号の記載あり。
【ご利益】
・御利益:豊作祈願・無病息災・家内安全・防災招福・商売繁盛
などの祈願。とくに水に関係のある火消し・酒屋、またご神体の
刀に関係のある大工・石工・板前などの商売繁盛の祈願)。
【位置】
・標高点:北緯35度26分27.06秒、東経139度13分52.3秒
・三角点:北緯35度26分26.72秒、東経139度13分52.5秒
【三角点】
・点名:大山
【地図】
・旧2万5千分の1地形図「大山(東京)」



▼【参考文献】
・『あしなか・復刻版』第4冊(第73輯)(名著出版)1981年(昭
和56)
・『あしなか・復刻版』第4冊(第77輯・丹沢特集)(名著出版)
1981年(昭和56)
・『角川日本地名大辞典14・神奈川県』伊倉退蔵ほか編(角川書店)
1984年(昭和59)
・『山岳宗教史研究叢書・8』(日光山と関東の修験道)宮田登・
宮本袈裟雄編(名著出版)1979年(昭和54)

 

…………………………………

 

 

【とよだ 時】 山の画文著作
………………………………
【ゆ-もぁ-と】制作処
山のはがき画の会

目次へ戻る
………………………………………………………………………………………………………