『新・山の神々いらすと紀行』
画と文・とよだ 時

第6章 中央アルプス・御嶽の山々

………………………………………………

■10:御嶽・普寛行者とライチョウ

【略文】
普寛行者といえば御嶽山の王滝口を開いた人としても知られてい
る江戸中期の修験者。その行者が、御嶽山の王滝口を開くため5
人の行者を従えて頂上へ登る途中、道に迷って立ち往生してしま
いました。そこへひとつがいの鳥があらわれ、一行を山頂へ案内
しました。これこそ山の人気者ライチョウだったということです。
・長野県王滝村と木曽町との境

■10:御嶽・普寛行者とライチョウ


【本文】

普寛行者といえば江戸中期の修験者。木曽御嶽山を霊山とあがめる

御嶽教の教祖でもあり、コマクサからつくる腹痛の霊薬「木曽百草」

の創始者。また御嶽山の王滝口を開いた人としても知られています。

埼玉県秩父市大滝村の生まれで幼名は木村好八丸。



「日本六十余州」の遍歴で、三峯山の奥ノ院から武甲山、上州武尊

山、越後八海山、木曽御嶽山王滝口などを開山、三笠山、筑波山、

羽黒山、戸隠山、立山、白山、阿蘇山、国見岳、桜島などなどにま

で足をのばしました。こうしてついに52歳の時、伝燈大阿闍梨に

まで登りつめました。



その行者が寛政4年(1792)の夏、5人の行者を従え登った時のこ

と。未開の山は厳しく山中で行くも帰るもできなくなってしまいま

した。



そこへひとつがいの瑞鳥があらわれ、一行を案内するかのように歩

き出したという。「あの鳥こそ文殊菩薩の化身の違いない」行者た

ちは2羽の鳥のあとを追い、ついに頂上を極めたといいます。



普寛行者はその鳥を捕らえて下山。大切に飼ってみると、鳥は冬に

なると白くなり、春になると羽の色が変わります。



人々は珍しがっていましたが、ある日ついに死んでしまったという。

行者は哀れんで鳥の羽を身から離さなかったという。これこそ山の

人気者ライチョウだったということです。



▼木曽御嶽剣ヶ峰【データ】
・【所在地】
長野県木曽郡王滝村と長野県木曽郡木曽町(旧木曽郡三岳村)との
境。中央本線木曽福島駅の北西20キロ。JR中央本線木曽福島駅
からバス、田の原から歩いて4時間20分で木曽御嶽剣ヶ峰。一等
三角点(3063.4m)とすぐ西隣に写真測量による標高点(3067m
・標石はない)がある。御嶽神社の奥社がある。山頂北直下に一の
池がある。地形図に山名と三角点の標高、標高点の標高と神社(鳥
居)記号の記載あり。
【名山】
・「日本百名山」(深田久弥選定)第60番選定:日本二百名山、
日本三百名山にも含まれる。
・「花の百名山」(田中澄江選定)第71番選定
・「新日本百名山」(岩崎元郎選定)第63番選定・長野県
【位置】
・標高点:北緯35度53分34.74秒、東経137度28分49.55秒
・三角点:北緯35度53分35.06秒、東経137度28分50.3秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「御嶽山(飯田)」



▼【参考】
『山の傳説・日本アルプス編』青木純二(丁未出版)1930年(昭
和5)

 

 

………………………………………………………………………

目次へ戻る