『新・山の神々いらすと紀行』
画と文・とよだ 時

第6章 中央アルプス・御嶽の山々

………………………………………………

■05:空木岳・吾妻鏡の木曽殿越

【略文】
空木岳の北西に「木曽殿越」という鞍部がある。木曽殿というのは
木曽義仲のことだという。源平合戦の時、義仲はこの鞍部を越え、
伊那谷に侵入。平家方の笠原吾頼直は逃亡したという。治承4(11
80)年旧9月7日のことだという。
・長野県駒ヶ根市と長野県大桑村との境

■05:空木岳・吾妻鏡の木曽殿越


【本文】

中央アルプスの名峰空木岳(標高2864m・長野県)の北西に「木曽

殿越」という鞍部があります。この木曽殿というのは木曽義仲のこ

とだという。



義仲誕生の翌年、父の源為義が甥の源義平との戦いで戦死します。

義仲は孤児になってしまいましたが、乳母の夫である木曽の土豪中

原兼遠のもとにかくまわれました。



治承4年(1180・平安時代)5月、高倉宮以仁王(もちひとおう)

と源頼政が平氏打倒の挙兵に応じて、伊豆に流されていた源頼朝が

たちあがりました。



しかし神奈川県小田原市の石橋山の戦いに敗れ、主従は離散、安房

国に逃れます。鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」(巻一、治承四年九月

七日の項)におおよそ次のような記事があります。



伊那谷に住む平家方の小笠原平五頼直(「信州山岳百科2」では笠

原平吾照直)と木曽方の村山七郎義直らが戦いました。形勢不利と

みた木曽側は陣に飛脚を走らせました。



状況を聞いた木曽の義仲が大軍を率いて馳せ参じたため、小笠原平

五はその勢いに恐れをなして逃亡した…とあります。



この時、義仲はいまのJR中央本線倉本駅あたりから山に入り、空

木岳の鞍部の「木曽殿越」から断崖のような大田切本谷をまっしぐ

らに下り、伊那谷に侵入したということです。



小笠原平五頼直の名については参考文献によって多少差違があり、

この物語自体も歴史書や百科辞典などには「そういう伝説があるが

史実はない」と素っ気なく書いてあります。



しかし、そこはそれ山と伝説のなかで遊ぶ我々にとっては興味つき

ないことなであります。



▼木曽殿越【データ】
【所在地】
・長野県駒ヶ根市と長野県木曽郡大桑村との境。JR中央本線倉本
駅から6時間で木曽殿越(きそどのごし2580m)。木曾殿山荘があ
る。
【位置】
・木曽殿越:北緯35度43分23.33秒、東経137度48分29.12秒
【地図】
・2万5千分の1地形図「空木岳(飯田)」



▼【参考】
・『信州山岳百科・2』(信濃毎日新聞社編)1983年(昭和58)
・『角川日本地名大辞典20・長野県』市川健夫ほか編(角川書店)
1990年(平成2)
・『吾妻鏡』巻一・治承四年九月七日:岩波文庫「吾妻鏡」(1)龍
 粛訳注(岩波書店)1997年(平成9)
・『日本架空伝承人名事典』大隅和雄ほか(平凡社)1992年(平成4)

 

………………………………………………………………………

目次へ戻る