山の歴史と伝説に遊ぶ【ひとり画ってん】(はがき通信)(毎月発行)【画っ展】index(top) toki HP/gaten/index.html

山旅イラスト通信【ひとり画展
画と文・とよだ 時(2015年にとよた時から改名)(ゆ-もぁ漫画家・山とローカル画文業)

お陰様で1000号になりました

●推薦文 谷 有二(山岳文化史研究家)

 行く雲、流れる水のように野山を歩き続ける「山の絵師」がいる。
それは「時さん」だ。この飄々たるスタイルの絵師は、一人、山中
で夜の闇を迎える時、神を感じるという。軽妙な画風と洒脱な解説
は、すでに、「山の伝承小事典」としての境地を確立している。
 世の中がどう変わろうとも、山の神や妖怪が絶対に存在している
ことは、「時さん」と彼らの対話によって、私達に伝えられるのであ
る。
 さあ、「時さん」と一緒に不思議な空間を歩こう。

………………………………………

無断転載・流用はできません

………………………………………

▼下記【目次】からお入り下さい。

ひとり画展】へ
初期作品(gaten-q)
(初期はプリントごっこを使いました)
参考文献】へ
プロフィール】へ
My Books】へ
奥 付】へ

………………………………………

 山旅漫歩゚【ひとり画展】は、各地の山の民俗や伝説・歴史・民話を訪ね歩き、資料をもとに勝
手に制作した漫画文通信です。はがきに印刷してご希望の方に郵送しています。本文には資料出
所も明記してあります。
 この通信は1971年(昭和46)ごろから漫画・野山通信【ひとり画展】として創刊。当時はコピーも青
焼きしかなく、印刷屋さんに頼んではがきに凸版印刷。1974年(昭和49)、初めて子どもたちを連れ
て山行をしたことを期に、テーマを「山」に絞りました。
 1983(昭和58)年ごろ、プリントゴッコで個人でも印刷できると知り購入。実際に番号を振りはじめ
たのはこの時からです。しかし発行は、気が向いた時出す「気刊」でした。1993年(平成5)から読者
の要望もあり、毎月発行するようにしました。
 2009年(平成21)、東京大手町逓信博物館で展覧会。はがき版の作品では見栄えがしないと分
かり改訂。2018年1月、1000号達成。
 この間、とかく腰砕けになりがちなところ、続けられたのは会員読者の皆様のお陰と、心底感謝を
致しております。1000号を記念し、htmlで編集CDに焼き込みました。どうぞ御覧頂ければ幸いに存
じます。
                                  【とよだ時】(山岳はがき画の会)

 

【ゆ-もぁ-と】事務所
とよだ 時(2015年にとよた時改名)
ゆうもぁ漫画家・画文ライター・民画家
info@toki.moo.jp
ふたつの削除して送信してください。

 

……………………………

著者のHP
「峠と花と地蔵さんと…」
http://toki.moo.jp/