第8章 草木の神

…………………………………………………………………

 

▼中 扉

【草木の神】 このページの目次
 ・サカキ
 ・シキミ
 ・杉の神
 ・松の神

−195−

 

………………………………………………………………………………………

 

■サカキ

 サカキは漢字で榊(国字)、栄樹、賢木と書きます。栄樹は年中
葉が緑色のためといいますが、ほかにもそういう樹木はたくさんあ
り、なぜサカキだけいうのかは不明です。カミシバやサカシバとも
呼ぶのは神柴の意味なのでしょうか。

 福島県中川村ではナンテンのことを「さかき」と呼んでいるそう
です。京都の吉田神社のようにサカキをご神木としている神社もあ
るそうです。

 しかし、古来詠われてきた歌の「さかき」は香りがあるとあり、
いまでいうサカキではなくシキミをいうのではないかいう論争があ
りました。紀貫之の歌に「おく霜に色もかわらぬ榊葉の香をはや人
のとめて来つらへ」とあり、神楽歌や「源氏物語」、その他の書に
も「榊葉の香」とあるからサカキの葉は香がよいはずだというので
す。

 その上「さかき」は小香木(さかき)の意味で香ばしい常緑樹の
意味なので、クスノキ科のタブノキ、クスノキ、ヤブニッケイ、シ
ロダモ、またモクレン科のシキミ、オガタマノキなどのことだとい
う本もあるので厄介です。また「さかき」は境の木の意味で、神域
の境に植える木で、常緑樹、落葉樹どちらでもよいという説もあり
ます。

 しかし、畔田(くろだ)伴存という人は、香とあるは香気のこと
ではなく、艶や色のうるわしいことを讃えているといい、さらに「万
葉集」などから、昔からシキミとサカキははっきりと区別していた
ので、いまのサカキのことでよいと結論づけています。

 サカキが少ない本州中部や生えていない東北地方、北海道では同
じツバキ科でよく似たヒサカキやモクレン科のオガタマノキも葉が
よく似ており同様に使います。

−196−

……………………………………………………………………

 神事にサカキなら仏事にはシキミを供えます。モクレン科シキミ
属の常緑樹で、シキビともいいます。シキミは目立たないが美しい
花が咲き、また葉や枝に精油を含むので独特の香りがあるため、花
柴として仏壇やお墓に供えられます。

 とくに葉を切ると強い香気が発散し、香(こう)の木、香柴、ま
た香の花、墓花、マッコウギ、マッコウノキといろいろな方言で呼
ばれます。

 埋葬や納骨の時一本花といい、シキミを1本だけを供える風習も
あります。また仏事の死花(しか)、紙花(しかばな)、念仏紙(ね
んぶつがみ)などの葬具は、サカキが飾り物をつけて幡や幟になる
と同じように、シキミに飾り物をつけて仕立てたのだろうとされて
います。仏花に使うシキミ栽培は伊豆地方が盛んです。

 そもそも日本では、神の依代には常緑樹が使われていて、古代か
ら祭祀では常緑樹を「賢木(さかき)」と呼んでいて、サカキもシ
キミも同じ「賢木」として神事に使われていました。

 いまでもシキミが神事に使っている地方もあります。それがシキ
ミ、サカキがそれぞれの用途に区別されだしたのは、平安時代の「枕
草子」の時代からとされています。中世になるとシキミは仏事用、
サカキは神事用はっきりと分かれて使用されています。

 シキミは上代から日本人の間に親しまれ、「源氏物語」の若菜下
の巻に記載があり、「万葉集」の「奥山の樒が花のごとやしくしく
君に恋ひわたりなむ」と大原真人今城(おおはらのまさといまき)
も詠んでいます。

 果実に毒成分があり、シキミの名は「悪しき実」の意味だとか、
強い香気から「臭き実」が「クシキミ」に変化、さらにシキミにな
ったとする説があります。

−197−

……………………………………………………………………

 まっすぐに生長し、巨木になった杉は、なんとなく神さびた感じ
がし、そのため多くの神社の境内に植えられ、大木に囲まれた神社
は人を威圧し、畏敬の念をおこさせます。杉は日本の特産品。

 古代から船材や建築材など日本人にとって必需品であり、また親
しまれた木です。杉(スギ)とはスグの意味で、スグは直(す)ぐ
のことだという。つまりすくすくとまっすぐ伸びることからきた名
前なのだそうです。

 杉を神木としてあがめる社は多く、大杉神社、杉山神社など杉の
名のつく神社も各地にあります。なかでも杉山神社は、武蔵の国(い
まの東京、埼玉、神奈川県)周辺にはその名の神社の多く「続日本
後紀(しょくにほんこうき)」(平安時代の初期の本)に「武蔵国都
筑(つづき)郡杉山神社霊験を以って官幣ウンヌン……」とありま
す。

 また「延喜式神名帳」にも「武蔵国都筑郡一座、小社杉山神社」
と記載され、かつて杉山神社は72社あったといい、その後廃社、
合祀されたとはいえ、現在でも杉山と名のつく神社は42社もあり
ます。

 杉は「万葉集」にもうたわれ、「神奈備(かんなび)の三諸(み
もろ)の山に斎(いわ)ふ杉」(巻十三)など、神としての歌があ
ります。神木として有名なものは、京都市稲荷山の「験(しるし)
の杉」があります。お参りする人はこの杉に礼拝し、稲荷山の杉を
引き抜いて持ち帰って家に植え、つけば福があるといい、枯れれば
神の加護がないなどといったそうです。

 奈良県桜井市の三輪山(みわやま)の杉も有名で、「味酒(うま
ざけ)を三輪の祝(はふり)がいはふ杉手触(てふ)れし罪か君に
逢ひがたき」(「万葉集」巻四・丹波大女娘子(たにわのおおめおと
め)とあり、神木にはさわるのを禁じていたようです。

−198−

……………………………………………………………………

 平安時代の「古今集」には「我が庵(いほ)は三輪の山もと恋し
くはとぶらひ来ませ杉立てる門」(雑下・よみ人しらず)と歌われ
ています。

 福岡市香椎宮の綾杉(あやすぎ)、三重県伊勢市の豊受大神宮の
五百枚(いおえ)の杉や、茨城県の鹿島神宮の神木杉も有名です。
杉の町といわれる鳥取県智頭(ちず)町の杉神社は本殿・ご神体が
高さ十三mの鉄塔。「すくすくと伸び太る長生の木魂を杉神社と呼
び、因幡の智頭町に発祥した」と「しおり」にあります。

 島根県隠岐郡布施村の大山神社は杉の大木をそのままご神木にし
ており、その杉の木のまわりを細い木の枝で幾重にも巻き、ご弊を
差し込んであります。

 杉はまた、酒とも関係が深く、崇神天皇の昔、活目(いくめ)と
いう酒造りが三輪大神の加護により、一夜のうちに美酒をかもした
という伝説があり、酒屋の看板の杉玉にもなっています。

−199−

……………………………………………………………………

 松は杉とならんで神を感じさせる木です。正月の神を迎える依代
(よりしろ)としての門松に利用したり、仙人になるための仙薬の
ひとつで不老長寿の象徴として扱われます。中国では松は尊ばれえ、
「論語」にも夏王朝(かおうちょう)は松を社の神木として扱った
ように書かれています。

 昔中国に丁固(ていこ)という人がいました。ある日、お腹に松
が生える夢を見た。「これはわが身の出世を教示する夢だ。松は「十
八公」なり。18年たったら必ずや「公」となるであろう」といっ
ていたが、本当になってしまった。

 そこで十八(組み立てると木偏になる)に公と書いた「松」の字
ができたという話が「史記」にあります。しかし事実は松の旁の公
は「筒抜ける」という意味で、葉の間がすき間ができていることに
よるそうです。

 日本でも「万葉集」に「岩代(いはしろ)の浜松が枝(え)を引
き結び真幸(まさき)くあらばまたかへり見む」(巻二・有馬皇子
(ありまのみこ)と詠まれ、ほかにも「神さびて」とか「千代松」
などと神格化された表現になっています。

 平安時代、暖かくなった春の初めの「子(ね)の日遊び」に野原
で遊んだついでに小さい松をとってきて庭に植えました。それが門
松に発展したという。

 「常陸風土記」香島郡条の奈美の松・木津の松伝説は、時を忘れ
て愛し合った二人が交わったまま解けなくなりそのまま松になった
という解釈があり、連理の松になったとする説もあります。

 なぜマツというのかについては、マツは「待つ」で霜や雪の降る
っのを待ってなお、葉の色が変わらないというのが一つ。マツは「持
つ」で、昔から葉の色も不変なので「久しきを持つ」という意味。
また、松は葉が木にまつわりついて生えるので、「マツ葉木」だと
いう説もあります。

−200−

 

(第8章終わり)

………………………………………………………………………

第9章へ